【30、40代の男メシレシピ】簡単&おしゃれ! 男のエビとじゃがいものアヒージョ

男の料理

おしゃれなバルのメニューによくあるアヒージョ。このアヒージョを作るのに「なんだか難しいかも」と思われている方も多いでしょう。

しかしアヒージョは驚くほど簡単で、30代40代の男性でも簡単にできてしまう一品です。

ビールやワインなどお酒との相性もばっちりで、おしゃれなイメージでもありますね。

一年通して手に入るエビとじゃがいもを使っておしゃれなアヒージョを作ってみましょう。

エビとじゃがいものアヒージョの材料

・エビ 適量
・じゃがいも 1個程度
・オリーブオイル
・にんにく 1~2欠片
・塩 小さじ1/2
・鷹の爪 お好みで
・パセリ お好みで
・パゲット

スーパーで手に入る材料ばかりですので、難しい具材や調味料は必要ありません。

アヒージョに使うオリーブオイルですが、よく知られる「エクストラバージンオリーブオイル」は使わないようにしましょう。アヒージョでは「ピュアオリーブオイル」を使います。

エビのアヒージョの下準備

エビを洗って背わたを取ろう

エビは殻をむいて、背中に包丁を入れて背わたを取り出しましょう。

これを怠るとエビ独特の臭みが残ってしまいますので丁寧に行います。

またエビの尻尾には水分がたまりやすく、油で加熱したときにはねやすいのでよく水気を取るようにします。

洗った後に、キッチンペーパーで水分をしっかり取りましょう。

じゃがいもの下準備

続いて具材となるじゃがいもをエビの大きさと同じくらいにカットします。

切り方は乱切りである程度大きさを揃えるのがポイントです。じゃがいもがカットできたら、電子レンジで3~4分加熱しておきます。

にんにくを刻もう

しっかり香り付けをするために、みじん切りにしてオリーブオイルに入れます。レシピによってはここで鷹の爪も一緒に刻んでいれますが好みで大丈夫です。

30、40代の男メシ 鍋に油をいれて調理開始!

鍋にオリーブオイル、塩、じゃがいも、にんにく、鷹の爪を入れて中火から弱火で2~3分煮ていきます。

このときにんにくの香りがしっかり立ってくること、じゃがいもに箸が通ることを確認できたらOK。

オリーブオイルの量は具材が浸る程度入れればOKです。

続いてエビを全量いれて、火が通るまで煮込みます。

30、40代の男メシ 仕上げにお好みでパセリを散らす

オリーブオイルで煮込むエビのアヒージョに、緑の彩りとしてパセリを散らしていきます。

このパセリはお好みで大丈夫です。

にんにくの香りが食欲をそそる、エビとじゃがいものアヒージョの完成です。

カリカリのパゲットとともに食べるアヒージョは最高。

ご飯もお酒もすすんじゃいますね。

今回は材料をエビとじゃがいもで作っていますが、お好みの魚介やお肉、旬の野菜などと一緒に作ってもとってもおいしいですよ。

おしゃれでおいしい、それでいて簡単なエビとじゃがいものアヒージョ。ぜひ男メシのレシピに加えてみてください。

コメント