【30、40代の男メシレシピ】じゅわっとおいしい! 男の紅生姜入りだし巻き卵

男のだし巻き卵 男の料理

料理経験のあまり無い男性でも作りやすい卵料理。中でも目玉焼きは男性とて多くの方が作った経験がある料理でしょう。

さらにそこから1歩踏み込んで、紅生姜の風味が効いてじゅわっと出汁が滲み出る卵焼きを作ってみてはいかがでしょうか。

紅生姜と出汁を入れるだけで、普通の卵焼きとはちょっと違った風味でおいしいんです。またお酒のつまみやご飯のおかず、また冷めてもおいしいのでお弁当にも大活躍。

紅生姜入りだし巻き卵のレシピはこちらでチェックしてみてくださいね。

紅生姜入りだし巻き卵の材料

だし巻き材料
・卵 Lサイズ2個
・紅生姜 1つまみ程度
・ネギ 少々
・しょうゆ 小さじ1~3
・ほんだし 小さじ1

家にあるものばかりで、材料は簡単に揃えられます。紅生姜や出汁など、ほんの一手間加えるだけでおいしいおかずが1品完成します。

だし巻き卵の形に成形するには「卵焼き器」が必須。味は普通のフライパンでも揃いますが、できれば卵焼き器を用意してください。

卵を混ぜよう

材料の下準備から始めていきます。

まず卵2個をボウルに入れて、しっかり溶いておきます。このとき黄身と白身が均一に混ざるように卵を溶いておきましょう。

このとき泡立てるように空気を含ませてはいけません。白身を箸で切るように混ぜるのがコツです。ボウルの中で箸を回すのではなく、前後、左右に往復させるように動かすとやりやすくなります。

だし巻き卵を作るとき混ぜすぎは禁物です。黄身と白身がざっくりと混ざる程度に留めておくのがコツです。

材料を準備しよう

紅生姜入りのだし巻き卵なので、紅生姜とネギをまず切りましょう。みじん切りにすればいいのであまり考える必要はありません。

ざっくりと手早くこの行程を済ませてしまいましょう。

次にだし汁を作ります。本格的にだしを取ってもいいのですが、ここでは市販の「ほんだし」で。

小さじ1/2杯の顆粒のほんだしを少量の湯で溶くだけです。

卵と材料を合わせたらあとは焼くだけ

溶いた卵、切った具材、だし汁をボウルに合わせたら卵焼き器で焼くだけです。

このとき卵焼き器はしっかりと熱して、油を多めに引いておくと失敗しにくくなります。

全体的に均一に熱を通しながら、奥から手前に箸やフライ返しを使って巻いていきます。一通り火が通れば、周りを焼き固めて紅生姜入りだし巻き卵の完成です。

和食の定番、だしと紅生姜の風味が最高に旨い!

卵の巻き方にちょっとコツは必要ですが、じゅわっとだしがにじみ出て、紅生姜の風味が効いて最高においしいおかずです。

朝食、昼食、夕食とどこに出てきても絶品のおかずになる紅生姜入りのだし巻き卵。作り方そのものは難しくありませんので、ぜひマスターしてみてください。

コメント