ジムを解約したい時に気を付けたいポイント

ジム 解約 ライフスタイル

ジムを解約したい時には、気を付けたいポイントがいくつかあります。

衝動的に解約をしたくなる時もあるでしょう。

でもポイントを理解したうえで、解約をするのが必要なのです。

今回は、ジムを解約したい時に知っておきたい内容について、お伝えしていきましょう。

電話での解約について

電話で退会を伝えて、ジムのスタッフが了解をしたとしても、契約上ではこれが通らないケースもあるのです。

電話で退会をしたので安心をしていたら、月会費が引き落とされていて驚くようなこともあるでしょう。

このため、電話での退会が本当に可能なのかどうかを、事前にジムに確認をしておく必要があります。

退会をしたい気持ちが出てきた時には、どのような解約方法があるのか、手続きが必要なのかについて、理解をしておきましょう。

電話でのスタッフの言葉だけでは、言った言わないになってしまい、トラブルが発生してしまう原因になるのです。

規約に基づいた解約の仕方を把握しておくのが、とても大切だと言えるでしょう。

解約時期について

契約をする時には、解約をするとしたら何日前に連絡が必要なのかを知っておく必要があります。

例えば解約したいならいつでも可能なジムもあれば、前月末までに連絡が必要なケースもあるでしょう。

これについて理解をしていないと、解約をしたい時にできないままその月の会費を引き落とされてしまう可能性があります。

締め日を理解していないと、更に一ヵ月分の料金がかかってしまう例もあり、ジムに通う時間が取れないのに、その月の分までお金を支払うことになってしまうケースもあるでしょう。

解約をするのなら、いつまでに言うべきかを理解して計画を立てて解約をするのが必要になるのです。

ジムを退会する理由について

ジムの解約をしたいと思っても、この理由が明確ではないと引き止められてしまうことがあるでしょう。

「時間がなくて通えない」と伝えると、違うコースを勧められる場合もあります。

上手に言いくるめられてしまい、結局ジムを辞められないケースもあるでしょう。

ジムを退会する理由としては「自分には合わない場所だと思うので」と伝えれば、ジムのスタッフとしては何も言うことができないはずです。

時間を理由にしてしまうと、ジムのスタッフはその理由に対して納得をせずに、しつこくされてしまうので、気を付けるようにしたいですね。

時間をジムの解約理由にする人はとても多いので、ジムのスタッフもその引き止め方に慣れている可能性があるのです。

強引な勧誘による契約の場合

見学に行くことにより、ジムによっては強引に勧誘をされるケースもあるでしょう。

でも考える時間を与えないように、キャンペーンや割引券などを渡してくるジムもあります。

こういう強引な勧誘に負けてしまい、契約をしてしまう人もいるでしょう。でもこの場合に契約内容について、しっかりと把握をせずに契約をしてしまう可能性があるのです。

もしくはジムに入会することにより、ワクワクした気持ちで高揚をしてしまい、解約時の規約ついて、全く考えていないような人もいるでしょう。

このケースでは、後から「しっかり考えておけばよかった」「こんなに悪質な場所だったなんて」と思うこともあるのです。

冷静にジムのスタッフの話を聞くだけではなく、契約内容についての理解をするようにしておきましょう。

そうすれば仮に解約したいと思った時にも、手続きに対して何が必要になりどの時期にするべきかが把握できるのです。

中途解約料について

よくあるトラブルとして、中途解約料が発生するのを知らずに、契約をしてしまうケースがあります。

いつまで続けられるかは、実際に仕事との両立などにも関係してきますよね。

こういった中で中途解約料が発生するのを知らずに、解約したいと思い伝えたところ、初めてその存在を知る場合もあるでしょう。

分割で支払いを行う例もあれば、短期間のメニューを一括払いすることもあります。

こういった中で途中解約をする場合、一定期間を過ぎていないと中途解約手数料がかかる可能性もあるでしょう。

それが思っていたよりも高額なケースもあるのです。こういう場合には、何カ月以上はジムに入会しておかなければ損をしてしまうと、自分自身が把握をしておくのが重要になるでしょう。

これについて把握をしておけば、ジムを解約する時にも計画を立てて行動をすることができるようになるのです。

まとめ

ジムを解約したい時には、スムーズにトラブルなく行いたいもの。

でも悪質なジムの場合は、最初に高額の入会金を払わせておいて、退会時に全く返金してくれない例もあるのです。

このようなトラブルにならないためにも、どのような契約内容かをしっかり把握して、安心できる場所だと判断をしたうえで、ジムに入会をするのが必要になるでしょう。

後から「違うジムを選べばよかった…」と、残念な気持ちにならないようにジムを選ぶ時は慎重さが求められるのです。

安心できるジムを選ぶことにより、解約時にも損をしたりトラブルが起きたりするのを防げるでしょう。

コメント