まだ現金で支払ってるの? キャッシュレス決済でお得にポイント獲得!

キャッシュレス キャッシュレス

100億円キャンペーン!と大々的に銘打って、日本中で大きな話題になったPayPay。

PayPayのように現金を使わず買い物をするキャッシュレス決済が一躍注目を浴びましたね。

他にもクレジットカードや仮想通貨など、キャッシュレス決済が広まっているのは皆さんご存知の通りでしょう。

しかしながら実は日本では、海外に比べてキャッシュレス決済があまり進んでいない現状があります。

国民性なのか、他の理由があるのか定かではありませんが、キャッシュレス決済で得られるはずの利益を、現金支払いにこだわってみすみす逃している人も多いかもしれません。

現金派の皆さん、キャッシュレス決済ってお得なんですよ。

現金よりもキャッシュレス決済の方がお得な理由!

通常買い物をすると、現金支払いではお金を支払って終わり。

これは当然なんですが、多くのキャッシュレス決済にはお得なポイントがついたり、ポイントがキャッシュバックされたりするシステムが設定されています。

現金で支払いしていたものを、キャッシュレス決済にするだけでこうしたメリットが受けられるわけです。

買い物や支払いで出ていく金額は同じ。けれども年間でトータルすると意外にも大きなお金がポイントとして帰ってきます。

しかもキャッシュレス決済を使うことによるデメリットはありません。これはキャッシュレス決済を使わない手はありませんよね。

キャッシュレス決済を利用すればATMの利用料金から解放される

現金を引き出すためのATMは、銀行だけでなく、コンビニやショッピングセンターなどいたるところで目にする機会があります。

ATMではいつでもお金が引き出せる便利さがウリなんですが、業界全体の流れとしてATMの利用料が少しずつ値上げしているのをご存知でしょうか。

ATM利用料をあまり気にしていない、という人もいるかもしれませんが塵も積もれば・・・そうです。意外にも出費が増えてしまうんです。

さらにATM利用料が無料だと思い込んでいて、知らず知らずのうちにATM利用料を支払っている方もいるかもしれません。

現金派の方の中には、一度に現金を引き出す人もいれば、数万円ずつ引き出す人もいます。ATM利用回数が多ければ多いほど、利用料がかさんでいきます。

これは現金で支払いを続ける限り、ずっと続くんですよね。数回の利用料ならばさほど気にならなくても、これが10年20年と続けば最終的には驚く程の金額になる可能性があります。

キャッシュレス決済ならばこうした利用料は不要です。生活していく上で現金が必要な場合もありますが、現金を引き出す頻度は激減します。

ATM利用料をあまり気にせず生活ができるようになってきます。

キャッシュレス決済の雄:クレジットカード

クレジット 現金

キャッシュレスと聞いて真っ先に思い浮かぶのがクレジットカードでしょう。様々なカードが出ており、自分がよく利用するお店などを選んでカードを作れば、ポイント集めをさらに加速させられるシステムもあります。

しかも公共料金の支払いなどもできます。このような公共料金支払いには、ポイント還元率をアップさせているところもあってお得ですよね。

クレジットカードが使える店舗も多いため、一番ポイントを貯めやすい決済方法と言えるでしょう。

新旧入り乱れるモバイル決済

PayPayやLINE-Pay、Google Pay、楽天Payなど最近にわかに注目を浴びているモバイル決済。

実は以前から楽天EdyやiD、クイックペイなど以前から広く使われているこれらもモバイル決済です。

クレジットカードと紐付けたり、チャージ方式のもの、また両方どちらでも選べるものなど種類は様々。

コードを読み取って決済するPayPayなどの「コード決済」は店舗側の導入コストが少なく済むため今後広がりを見せる可能性が高い決済方法ですね。

もちろんポイント還元のシステムも設定されています。

チャージにクレジットカードが使えるものでは、クレジットカードのポイントとモバイル決済のポイントを二重取りできるものもあります。

即時引き落としされるデビットカード

事前にチャージするタイプでも、クレジットカードのような後払いでもないのがデビットカード。

デビットカードは利用すると即座に口座から支払いが行われるもので、口座に入っている以上の買い物ができないのが特徴的です。

クレジットカードの審査に通らなくてもデビットカードなら問題なく作ることができます。また16歳以上ならば審査なしでデビットカードを持てる特徴があります。

口座から即座に支払いがされますが、クレジットカードと同じくポイント還元されるシステムはデビットカードも同じです。

実は世界的にキャッシュレス化が進んでいる背景が

日本人はクレジットカードを持っている確率は高いのですが、支払いは現金派!という方がかなり多いんです。

しかしながら世界的に見るとクレジットカードやデビットカード、モバイル決済などが進んだ国も多く見られます。

治安が諸外国よりも良いこと、そして災害が多い日本では有事の際に通信インフラが途絶する可能性があるなどの理由から、まだまだキャッシュレスの世界では諸外国に比べて日本は一歩遅れを取っています。

ただデメリットもあって導入にはお店の負担が増えることや、利用者にとっても、まだまだキャッシュレス決済ができないお店も多くあります。

そのため日本にキャッシュレス決済が浸透して世界的な水準となるにはもう少し時間がかかりそうです。

月々の買い物や毎月かかる固定費用をキャッシュレス決済にしてお得にポイント生活♪

キャッシュレス決済にも様々な種類がありますが、月々の買い物や毎月かかる固定費、光熱費などをキャッシュレス決済に変更してみませんか?

このような費用をただただ現金で支払うよりは、支払いのついでにポイントが貯められるのがキャッシュレス決済です。

貯まるポイントはわずかかもしれませんが、それでも現金で支払いをしていれば元々入るはずのなかったポイントです。

塵も積もればなんとやらで、ポイントで食事に行ったり、欲しかったものを購入したりすることもできるでしょう。

ポイントを貯めてほんの少しだけ、生活に潤いを与えてみるのもいいかもしれませんね。

コメント