副業でドローンを学ぶ人が増えている!収益を得る方法は?

ドローンで副業 副業

副業のためにドローンを学ぶ人が、最近ではとても増えています。

ドローンを学ぶためのスクールもあるため、専門の技術を得やすいと言えるでしょう。

今回は、副業でドローンを使い収益を得る方法や、副業として成り立つのかについてお伝えしていきましょう。

ドローンのスクールについて

ドローンの技術は、独学で得ることも可能です。

しかしスクールに通った方が、より専門的な知識や技術を得られるので、メリットは多いでしょう。

ドローンのスクールでは、受講時間数により受講料が変わってきます。本業との兼ね合いにより、自分に合うスクールを探すことになるでしょう。

いくつかのスクールを比較してみると、自分にとってメリットの多いスクールが見つかるはずです。

例えばスクールにより証明書が発行されることがほとんどですが、その中でも自分にとって魅力がある、仕事に活かせると思う証明書を与えてもらえるスクールを選ぶ必要があるでしょう。

休日や、仕事の帰りに通えるコースのあるスクールを選び、体験できる場合にはいくつかのスクールの体験をしてみると良いですね。

比較をしてみると、自分に一番合うスクールを見つけやすいのです。

ドローンを使った仕事について

ドローンを使う仕事としては、空中写真の撮影がメインとなるでしょう。

イベントなどでの写真を撮影したり、屋根やソーラーパネルやダムなどの点検のための撮影をしたり。

この他にも、プロモーション用に動画や写真を撮影するために、ドローンを使うケースが多いです。

ドローンを副業にする人の中には、ラジコンなどに興味がある人もいます。ドローン撮影は、このような人が向いている副業と言えるでしょう。

趣味としてドローンをやってみたいと以前から思っていた人が、副業として仕事になると聞いてからドローン撮影を始めるケースもあります。

最近では社会人が副業として始める以外に、主婦がアルバイトとして始めたいと思い、スクールに通うケースも増えているのが現状に。

つまりは、これから先も副業として成り立つ可能性があるのが、ドローンを使った仕事なのです。

仕事の取り方について

スクールに通い仕事ができる状況になったとしても、仕事の取り方に悩む人もいるでしょう。

実際に制作会社などでドローンと飛ばす部隊などがあるので、制作会社に対して営業をするのも、ひとつの方法です。

クラウドソーシングなどで、ドローンによる撮影写真を売るという案件もありますので、そういったシステムに登録をして、仕事につなげるケースもあるでしょう。

最も本格的な仕事の取り方としては、自分でサイトを立ち上げる方法です。

この場合は、実際に撮影した写真を載せて、アピールポイントを伝えたうえで魅力的なサイトに仕上げるようにすると、顧客が付く可能性もあるでしょう。

サイトを立ち上げて依頼を受けるためには、SNSなどで宣伝をすると効果的です。

サイトを人に見てもらいやすいように「ドローン 撮影」などで検索をされた時に、上に来るように有料で広告を出してみるのも良いですね。

ドローンの副業の相場価格について

ドローンにて副業をする際には、写真を販売するケースもあれば、カメラマンとして依頼場所に行き、ドローン撮影をする場合があります。

写真については、難易度や需要により価格が大きく変わってくるでしょう。撮影料金の相場としては、20分程度の撮影で20カットが、大体4万円ほどです。

ドローンを自分で持っている人なら、時間のある時に写真を撮っておけば、売ることができるので効率が良いでしょう。

実際に空撮の依頼になると平日になるパターンもあるので、副業にする場合に難しいケースもあります。

平日ではないドローン撮影の依頼や、平日が休みの人なら副業として成り立ちやすいでしょう。

許可申請に気を付ける

ドローンは、エリアによっては飛ばすのが禁止されています。

ドローンは無人航空機に分類されますが、これについては飛行許可が必要な場所以外は、使用するのが可能に。

使用禁止については一部のエリアではあるのですが、ドローンを使った撮影をする時には、飛行エリアの許可申請が必要な場所があると、理解をしておく必要があります。

飛ばす場所に対して、飛行エリアの許可申請が必要かどうかを、事前に確認しておくようにしたいですね。

許可が必要なのは、基本的には高度150m以上の飛行や、空港付近などです。

これらについて把握をするためにも、ドローンのスクールに通って学んだ方が、安全にドローン副業ができるようになるでしょう。

まとめ

副業をドローンで行うのは可能です。スクールに通わずに自分で知識を得て、ドローンを飛ばせるようになる人もいるでしょう。

しかしもし今後本業として考えて行く可能性があるのなら、スクールに通いしっかりと学んでおいた方が、役立つ場合があります。

ドローンの購入についても検討したいですね。

これから先に需要が高まるドローンによる撮影ですから、副業の種類の候補として考えておくのも良いでしょう。

コメント