いくつになってもオシャレ心は忘れない! ダサく見せないファッションのポイント

メンズファッション ファッション

何歳になっても「あの人ってオシャレだよね」と言われるような男に憧れますよね。

年を追うごとに、結婚して子供も生まれて、独身時代と比べると格段に自由に使えるお金が少なくなってしまうケースもあります。

そんな中、ファッションを十分に楽しめない、と嘆く方も少なくありません。

そこで何歳になってもオシャレ心は忘れたくない、という男性のためにダサく見えないファッションのポイントを伝授します。

基本的なポイントさえ抑えてしまえば、これであなたもおしゃれでかっこいい大人の男に。

ファッションのポイント1:シルエットを整えよう

ファッションのポイントではずせないのがまず最初に考えたいのが「シルエット」です。

シルエットとはその名の通り、ファッションでどこにボリュームを持たせて、どこをタイトにするのか、という考え方です。

シルエットは基本的に3つのパターンがありますので、ここからまずおさらいしていきましょう。

ファッションのシルエット:Iライン

ファッション全体を見たときに、トップスとボトムスともに細身のシルエットで構成されたファッションがIライン。

ジャストサイズを選ぶことで、縦のラインを意識して足を長く見せる効果も期待できます。

また細く見せられるため、スマートでスタイリッシュな雰囲気になります。

ファッションのシルエット:Aライン

トップスをタイトめに、ボトムスをルーズなシルエットのAライン。

アルファベットのAは下が広がっている形をしていることからこの名前になっています。

ワイドパンツやバギーパンツなどがこのAラインシルエットを作ってくれるアイテムです。

B-BOY系ファッションに代表されるシルエットで、ワイルドさを表現しやすいのが魅力です

ファッションのシルエット:Yライン

トップスにボリュームを持たせて、ボトムスをタイトにしたYライン。

ボトムスのボリュームが抑えられており、Vラインとも呼ばれていますね。

様々な季節で使いやすいシルエットで、スキニーパンツや細身のアンクルパンツが合わせやすいシルエットです。

最初にシルエットを意識してファッションコーデを組み立てる

まずはどんなシルエットのしたいのかを考えてアイテムを選んでいきましょう。

シルエットを最初に決めてしまえば、ある程度どんなアイテムをチョイスすればいいのか絞れてきます。

シルエットだけ決まってしまえばコーデの組み立てが随分楽になってくるんです。

ファッションのポイント2:カラーと柄を考える

シルエットが決まれば次にカラーと柄を考えてみましょう。カラーや柄を選定するポイントをチェックしていきたいと思います。

やっちゃダメ! NGなカラーと柄を覚えよう

カラーと柄を考えるとき、NGの組み合わせを覚えておけば、あとはNGをしないだけでオシャレに見せられるポイントになります。

代表的なのが総柄のトップスに総柄のボトムス。柄オン柄、と呼ばれコーデで、とにかくうるさい印象になってしまうので避けるべき。
カラーもビビッドカラーや蛍光カラーを上下で合わせてしまうのはNG。理由はやはりうるさいからで、全身のアイテムが主張をしてしまうと目立ちますが「オシャレ」とは程遠い印象になってしまいます。

モノトーンの無地を基本にすると合わせやすい

カラーと柄を考えるにあたり、まずモノトーン(白、黒、グレー)の無地のアイテムを1つチョイスすると合わせやすくなります。

どんな色や柄にも相性がよく、使いやすい、そしてハズさない鉄板カラーです。

派手なアイテムは1つに絞る

柄やカラーが派手なアイテムが好きな方も多いでしょう。

でもそんなアイテムをチョイスするときは、ファッション全体で派手なアイテムを1つに絞るようにしてください。

デザインの主役にもアクセントにもなり、オシャレ上級者が上手に取り入れているのが派手なアイテム。

これを1つに絞ることで、オシャレに見せてくれます。

逆に派手なアイテムをいくつも取り入れてしまうと一気にダサく見えてしまいます。

ファッションのポイント3:系統を意識する

ファッションにはアメカジやモード、ストリートなどなどたくさんのファッションの系統があります。

1アイテムずつ好きな服を買うのもいいですが、系統を意識してアイテムを揃えると全体的にちぐはぐな感じが出ないので失敗がありません。

系統を意識するだけでコーデがぐっとまとまる

系統をある程度意識することで、全体のコーデがグッとまとまってくれます。

そのため服や小物を購入するとき同じような系統でまとめて揃えるのが無難です。

ブランドを好んで揃えているオシャレさんもいますが、これはファッションのコンセプトが近く、1つのジャンルでのコーデ幅を広げやすいという理由があります。

「あえてハズし」は上級者向け

キレイめのスタイルにあえてストリートのアイテムをミックスして「あえてハズしたスタイル」をするケースもあります。

ただあえてハズしたアイテムをミックスしたスタイルは、全体のバランスやコーデが合わせにくいのがデメリット。

オシャレに着こなせればいいのですが、一歩間違えば奇抜なスタイルに映ってしまうことも。。

そのため自信がなければファッションはあえてハズさず、系統をまとめて王道のスタイルを貫くのがダサく見せない大きな大きなポイントです。

ファッションのポイントを抑えてもう「ダサい」とは言わせない

ファッションは何もお金をかけなくてはオシャレに見えないわけではありません。

ちゃんとオシャレに見せるためのポイントや、ファッションの基本さえ押さえてしまえばファストファッションだって十分オシャレを楽しめます。

ここの基本を抑えて、カラーやシルエット、系統を合わせてファッションを楽しみながらオシャレ男子を目指していきましょう。

コメント