副業で履歴書を用意する時のポイントについて

副業 履歴書 副業

副業で履歴書を用意する時には、どのようなポイントに気を付けるべきなのでしょうか。

副業の内容によっては、履歴書が必要になるケースがあるもの。

今回は副業で履歴書を用意するうえで、知っておいてほしいポイントについて、お伝えしていきましょう。

ありのまま書くようにする

本業を持っていて、これから副業の仕事に応募する時には、職歴欄に「○○年○○会社 入社(在職中)と書くようにした方が良いでしょう。

ここで会社名を書くことを避けたいと思う人も、実際にいますよね。

でも面接で会社名を聞かれる可能性は、多々あるのです。それなら最初から、会社名をしっかりと職歴欄に書いておいた方が、採用担当にとっても良い印象を与えやすいでしょう。

隠しておきたい思いがあっても、面接時に知られてしまうぐらいなら、最初から堂々と伝えるようにした方が、自分自身も気持ちが楽なはずです。

隠し事をした状態での面接というのは、どこか落ち着かないものですよね。

その動揺や挙動不審な態度により、悪い印象を持たれてしまうのは、避けるようにした方が良いでしょう。

明確にしておきたいこと

なぜ本業があるのに、副業をしたいのかについて、志望動機の欄にしっかり書いておく必要があります。

職歴だけの記入の場合は「本業をしながら副業をして、体力的に問題はないのだろうか」と、心配される可能性もあるでしょう。

勤めたからには、できるだけ長く在籍していてほしいと思うのは、仕事を覚えた途端に辞めてしまう人が実際に多いからなのです。

でもきちんと本業と副業を両立できる人だと分かれば、安心感を与えられるでしょう。

このため、志望動機のところには「新しいジャンルで自分の力を試したいです」「今までのスキルを活かせると感じたからです」のように書くと良いでしょう。

本業と副業を両立させるつもりで、よく考えたうえでの選択をしていると思われるように、志望動機を明確にしておく必要があるのです。

収入を増やしたいというのも、副業をする志望動機のひとつ。

でもそれだけでは、どこか物足りなさや不安感を相手に持たれてしまうもの。

お金について書く場合

現在よりも収入アップがしたいので、副業を始めたいとしたら「資格取得のために勉強などの費用が必要です」などのように書けば、よりレベルアップしたい思いが伝わるもの。

向上心のある人なら、職場でも努力をして働いてくれるだろうと、思われやすい傾向があるのです。

「独立資金を貯めたい」という人についても、将来を考えたうえでこの道を選んだと分かるので、採用する側としては信頼感を持つでしょう。

明確ではない志望動機で、しかも収入を上げたいという理由だけしか書いていないとなると、本当に続けていけるのかわからない…と思われてしまうリスクがあるのです。

お金についての話題はデリケートなもの。

だからこそ、副業をするうえでしっかりと相手に思いが伝わる内容が、求められるようになるでしょう。

副業が履歴書不要の場合

副業をする際に、履歴書が不要なら本業をしている会社にバレないのでは?と思う人もいますよね。

副業には様々な種類ものがあり、日払いの仕事や派遣などの単発や短期の仕事もあります。

この場合は、履歴書不要のケースもあるでしょう。

でもだからといって、副業が会社にバレないとは限りません。副業NGの会社については、この辺りをしっかりリサーチしておきましょう。

副業がバレてしまうケースとしては、住民税の計算時に本業の会社で得た収入以上のものがあるため、バレてしまうことが多いのです。

こうなると、結果として副業がバレてしまい、焦るようになってしまうでしょう。

副業について本業での同僚に話してしまい、それが噂になるようなケースもあるので、慎重に行動をするのも大切ですね。

副業の履歴書は手書きかPC入力かどちらが良い?

履歴書については、最近ではPCで入力をする人がとても多いです。履歴書や職歴書のひな型を、サイトから無料でダウンロードできるので、とても便利ですね。

こういった時に、周りが皆PCで入力をして履歴書を作成しているのなら、手書きの方が印象が良くなると思う人もいるでしょう。

これによっては、採用する企業側の考えや雰囲気によるのです。

そのため、これから自分が副業をしようとする会社の業種や職種などにより、PC入力か手書きかどちらが良いのかを決めるようにしてみましょう。

どちらを用意した方が、採用されやすいのかは、実際には分からない場合が多いのです。それよりも、履歴書の中身がしっかり書かれているかどうかが最重要でしょう。

まとめ

副業の履歴書については、できるだけ丁寧に書くようにしましょう。

本業があるから、副業の履歴書は適当に書いてしまおうと思う人も。

でも採用担当者にとっては、多くの履歴書を見ているからこそ、伝わるものがあるのです。

相手に不快な思いをさせないように、印象を良くできる副業の履歴書を用意することが、採用をされるうえで、とても大切だと言えるでしょう。

コメント