ギターの趣味を始める時に知っておきたいこと

ギター始める 遊び

ギターの趣味については、一度は興味を持つ人は多いもの。弾き語りなどができればカッコいいと、自分でも思う人は多いですよね。

動画サイトにも、弾き語りをしている人を多く見る機会があるのが現状です。

今回はそんな中でもギターを趣味として始める時に、知っておいて欲しい内容についてお伝えしていきましょう。

ギターの種類について

ギターの趣味と聞くと、イメージするのはアコースティックギターの人が多いかもしれません。

実際には、ギターにはエレキギターもありますが、趣味として最初に始めるのはアコギと呼ばれるアコースティックギターの方が楽でしょう。

長く趣味として、飽きずに続けていけるギターを選ぶようにしましょう。ギターの価格については、かなり幅が広いので初心者としては悩むところ。

実際に楽器店に行き、触れてみてしっくりくるものを選ぶのがベストです。人から聞いていて、型番などを知っているとしたらそれをネットで購入する方法もあるでしょう。

でも実際にこれから自分が使っていく大切なものですから、楽器店に行くことが出来るのなら実際に行ってみて、自分に合うと感じるものを店員さんと相談をして決めるようにしましょう。

いくつかのギターと比較をすると、音の違いや重さなども分かってくるので、納得できるものを選べるのです。

ギターを始める前に準備するもの

ギターを購入すれば良いだけではなく、他にも揃えておく必要があるものがあります。

譜面台を買うことにより、座りながらギターを弾く時にとても便利です。

コードを覚えるためのコード表、楽譜などを置くために使いましょう。そしてチューナーと呼ばれる、チューニングを行う道具も必要です。

中級者になれば音叉を使うのも可能ですが、初心者にはハードルが高いのでチューナーを使うのがお勧めでしょう。

1弦ずつ慣らしていき、ちょうどチューナーの針が中心になれば、音が合っていることになります。

チューナーはあまり高いものではなく、大体600円くらいで手に入るでしょう。カポという道具は、弾き語りをする時などに自分の声の高さにキーを合わせるために、使うものです。

フレット部分を挟むようなイメージのもの。弾き語りをするまでは、使うことが少ないので、慣れてから購入をしても遅くはないでしょう。

それよりも、それぞれの弦の替えを購入しておく必要があります。突然弦が切れてしまい、慌てることもありますが、弦の替え方については動画サイトなどを見ると直ぐに覚えられるでしょう。

ギターを持つ時

動画サイトを見ている人なら、気づくこともあるはずですが、ギターの持ち方についてはこれが正解というものがありません。

自分にとって持ちやすいかどうかが重要なのです。でも初心者としてギターを始めるのなら、できれば基礎を覚えておくようにしたいですね。

まずギターが体から離れすぎずに、体と一体化したような気持ちで持つのが大切です。アコギの場合は、座りながら持つようにした方が楽でしょう。

じっくりとコードを覚えていくわけですから、いきなり立って持ってしまうと、自分にとってとても負担に感じてしまうのです。

椅子に座ってゆっくりと、ギターと親しんでいきましょう。

ギター弦について

アコギについては、スチール弦とナイロン弦どちらかを選ぶことができます。スチール弦は比較的音を合わせるための、チューニングがしやすいのがメリット。

でも慣れていないうちには、指先が痛くなりコードを押さえるのが苦痛になるケースもあります。

慣れてくるとタコが自然に出来てくるので弾きやすくなってくるでしょう。

ナイロン弦については、柔らかいので手の痛みを感じにくのがメリットです。でもチューニングについては、人によりかなり頻繁に行う必要があるのがデメリットでしょう。

弦の音については、太さの違う6本の弦が張られていて、開放弦の音が決まっています。開放弦というのは、フレットを何も押さえない状態で鳴る音のこと。

最初はフレットを押さえずに、それぞれの音を覚えていくところから始めます。

6弦はミ、5弦はラ、4弦はレ、3弦はソ、2弦はシ、1弦はミです。ということは1弦と6弦は同じ
ミですから、これについてはチューニングで合わせやすいと言えるでしょう。

様々なコードについて

ギターを趣味にしていくには、コードを覚える必要があります。

まずはシャープやフラットがつかない、簡単なコードから覚えていきましょう。

コードの数を多く覚えるほど、弾ける曲が増えていきます。

コード表については、ネットからプリントアウトができますので、最初はプリントアウトした紙を見ながら、押さえて行く場所を覚えていくことになるでしょう。

まとめ

ギターを趣味にして長く続けたいと思うのなら、やはり音の出る楽しさを感じるのが大切でしょう。

毎日練習をしなければいけないわけではなく、今日は疲れたなと思ったらやめておいて次の日に練習をするという方法があります。

もしくは本格的にギタースクールに通ったり、Skypeなどで自宅にて指導を受けたりする方法もありますので早く上達するために活用してみたいですね。

コメント