家計で実は無駄が多いかもしれない「保険」は見直しが大切

保険見直し お金

皆さんのご家庭ではどんな保険にいくら支払っているのかご存知ですか?しっかりと保険の支払いを把握できているご家庭は意外にも少ないのではないでしょうか。

実は保険商品は日々新しいものが登場しています。

中には

スケマル
スケマル

「就職したときに契約したままだ・・・」

という方もいる程です。

こうした保険を見直しもせず放置してしまっている方はもしかしたら無駄なお金を支払っている可能性も。

家計の中で比較的大きな比率を占める保険。せっかくなので保険の見直しをして、無駄を削り、欲しいところは手厚くしてみませんか?

ライフスタイルが変われば保険も変わる

生命保険やがん保険、傷害保険など様々な保険が組み合わさって、1社の保険会社で支払いをしている方が多いはずです。

例えば入社してすぐに保険営業マンに勧められるまま入った保険のまま、という方は注意が必要かもしれません。

というのは、入社してすぐはまだ両親も健在で、配偶者や子供などもいない独身という立ち位置で保険を組んでいる場合が多いはずです。

また保険について良く知らない新入社員に対して必要以上に高額な保険を契約しようとするセールスマンも少なくありません。

しかしながら時間の経過とともに、結婚をしたり、子どもができたりとライフスタイルはめまぐるしく変わっていきます。そんなときに、最初に加入した保険のままでいいはずがありません。

自分のライフスタイルが変われば、保険内容も変わってくるのが当然と言えます。

しかしなぜかライフスタイルが変わっても、保険を積極的に見直していこうと考える人って案外少ないんです。

保険の見直しを考えないのは「面倒くさい」から?

よく保険の見直しをかけるときに「面倒くさい」という意見を聞かれます。

たしかに自分のライフスタイルと今後のプランを照らし合わせて、どんなときにいくら必要なのか、を考えることは手間がかかります。

ですが多くの人は「面倒くさい」の裏に隠れている真意があるんです。それは「よくわからない」からなんですよね。

よくわからないから、考え方が分からない。

だからどのように保険を組んでいくべきなのか、見当がつかない。というものです。

保険の大前提として働けなくなったり、高額な医療費が必要になってしまったり、亡くなった後残された家族のために、という有事の際に足りない分を補填するための商品なんです。

新入社員のときに勧められるがまま保険に加入してしまった人は、自分の入っている保険についてよく分からない、という感情があっても仕方ないのかもしれません。

自分がどんな保険に入っているのか洗い出す!

保険を見直しするにあたり、最初にやらなければいけないのは自分がどんな保険に加入しているのか、またそれによってどれくらいの出費があるのか、を確認してみましょう。

保険には実に様々な種類がありますので大変かもしれませんが、ここが一番大切です。

自分の入っている保険が分かれば、それを軸に保険の見直しを進められるようになってきます。

保険加入時期によっては、保障内容が薄かったりする場合もありますので確認の意味も込めて、保険内容をチェックしてみましょう。

どんなときにいくら欲しい? 保険見直しをするときの考え方

保険の見直しをするときに「どんなときにいくら欲しいのか」を考えておきましょう。

例えば一家の大黒柱である夫が死亡したとき、葬儀費用とその後の生活費、子どもの教育費を考えなければなりません。

そのため死亡時の一時金として葬儀費用等、そしてアテにしていた生活費がなくなってしまいますので、その収入を保障するための保険が必要になります。

死亡一時金はよく知られているタイプのもので、亡くなったときに保険金が支払われるものです。

そして足りなくなった生活費を補填するタイプのものが、収入保障、所得補償と呼ばれるもので、業種や働き方によって最適なものが異なります。

そして忘れてはならないのが子供の教育費用。子供の年齢によって必要になる金額はずいぶんと変わってきます。高校や大学では私立、公立などによっても各家庭によって変動が大きい部分です。

また後遺症などにより、働けなくなってしまった場合も考えておきたいポイントです。病気の後遺症で生活はできるが働けなくなってしまっても生活費は必要です。

実は一番生活を圧迫する可能性があるケースがこちらなんです。

生きるためにはお金が必要なんですが、お金を得るための就労ができません。こうならないためにも保険で備えをしておくべきです。

具体的な金額は家庭によって大きく違う 保険のプロと納得いくまで話してみて

保険相談

先程挙げたような例だけでなく、ガンやケガ、年金など保険を用意しておかなくてはならないケースもたくさんあります。

しかし具体的にどれくらい、どの商品が必要になるのかは各家庭によって事情が異なります。

そのため保険の見直しでオススメしたいのが、どんなときにどれくらいの保障が必要なのか、をリストアップしておき、加入している保険会社に見直しを依頼することです。

必要な部分を手厚く、そして無駄を削って保険を見直していきましょう。

「必要以上に高額な保険を勧められた」と感じる場合は、他社や保険相談窓口などを利用してもいいでしょう。

貯蓄と保険は分けたほうがいい? 貯蓄型保険のデメリット

生命保険で多いのが「保険料を支払いながらお金も貯められます」という商品。

こちらの貯蓄型保険に加入している方は、保険の見直しの際どうするか考えておいたほうがいいかもしれません。

表向きは保険も加入できて、貯金も一緒にできる、というメリットから一石二鳥のようにオススメされます。

貯蓄型はその名の通り、満期まで払い込むと解約返戻金が100%を超えてお得になりますが、仮に子供の大学入学など大きなイベントで解約せざるを得ないケースになったとき、払い込んだ元本を大きく割り込みます。

さらに満期まで払い込んだとしても利回りは低く、他の投資商品に回した方が利率は高くなることもあります。

さらに途中解約をする可能性まで考えると貯金として持っておいた方がいい場合も・・・。

そのため貯蓄型保険に加入して高額な保険料を支払うよりは、掛け捨てで保険料を抑えつつ、浮いたお金で貯金なり投資なりに回した方がメリットが大きいケースも目立ちます。

無駄な出費を抑えられるかもしれない保険の見直しをぜひ

保険は今後のライフプランに必要な商品であることは言うまでもありません。

しかしセールスマンの言われるがままに、高額な保険料だけを支払っている方も中にはいらっしゃいます。

そのため保険は必要なものはかけて、無駄はしっかりと削っていくべきです。

もしもあなたの保険が「以前加入したままになっている」という方はぜひ保険の見直しをしてみてください。

保険は自分のライフスタイルやライフプランとともにあることを忘れないようにしてくださいね。

コメント