株主投資基本のキ! 株を買うとどんな良いことがあるんだろう?

株式投資 投資

「株式投資」よく聞く言葉ではあると思いますが、

実際株を購入するとどんな良いことがあるんだろう?

と思ったことはありませんか?

株は稼げる、株主優待が楽しい、など断片的な情報しか持っていなくて、株式投資のメリットをしっかり把握できていない方もいることでしょう。

ここでは株式投資をするとどんな良いことがあるのか、チェックしていきたいと思います。

株を持っているだけで配当金がもらえる!

株には配当金という仕組みがあります。今現在、100株1セットで株を購入する銘柄が多いです(中には1000株単位のものも)。その100株を購入して、配当金の権利日に株を持っていると支払われるものが配当金です。

日本株の場合、配当金が出る銘柄では1%~4%くらいの銘柄が多くあります。そのため貯金として現金を持っているよりも、株に変えて配当金狙いで保有した方が貯金の利息部分よりもかなり大きくなります。

現在、貯金の利息でお金を稼ごう!と考える方はいらっしゃらないでしょう。現実的に100万円を貯金している人は利息ではほとんどプラスにはなりません。しかし株式を100万円分保有しており、配当金が3%出る銘柄を購入していれば1年間で3万円の配当気が得られる計算になります。※利益から税金が発生しますので、実際はもう少し下がります。

ここで注意したいのが、配当金が出る企業ばかりではないんです。中には配当金を出さずに、自社の成長に注力している企業もあります。そこは企業の方針なので一概に悪いとは言えないところです。

株を持っているだけで株主優待がもらえる!

株には保有しているだけでお金がもらえる配当金の他に、サービスや割引券、金券などがもらえる株主優待という制度もあります。

こちらの株主優待にも権利発生日が決まっており、各銘柄によって違いがあります。この権利発生日に株式を指定の数以上持っていると、株主優待制度が受けられるんです。

魅力的なサービスも多く、飲食店チェーンの優待券だったり、各種割引券、自社サービスを株主価格で購入、はたまたカタログギフトがもらえたり、など内容は多岐に渡ります。

年に複数回、株主優待の権利発生日を設定しているところもあり、楽しみに株主優待が届くのを待っている株主も多くいます。

株主優待で注意したいのが、株主優待制度を設定していない銘柄もあるケースと、指定された期間株式を保有していないと権利が発生しない銘柄があるケースの2点です。

世の中のサービスや商品に敏感になる!

株を購入すると、世の中のサービスや商品に敏感になるメリットも挙げられます。世の中には様々なニュースで溢れています。

例えば車メーカーのリコールがあった、とすると、そのメーカーは大規模なリコールならば大打撃を受けるでしょう。すると投資家心理が冷え込んで株価が下がるかもしれない、と考えます。

またIT企業がものすごく便利で楽しいSNSを開発した! というニュースを見たら、このIT企業の株価がものすごく上がるかもしれない、と考えたりもしますよね。

いつも何気なく見ているニュースやテレビから、サービスや商品など企業の株価に関連しそうな事柄にものすごく敏感になるんです。

株価は世界情勢などにも大きな影響を受けたりしますので、世界を震撼させるようなニュースを見ると、株価に影響が出そうなケースを頭の中でシミュレーションすることもあります。

あらゆる情報にアンテナを張るようになって、ニュースの見方も変わってきます。直接利益に結び付くわけではないかもしれませんが、世界の動向や世の中のサービスや商品を知るという意味では大きなプラスになるケースもあります。

株の購入計画を立てるようになり、キャッシュを貯める習慣が身に付く

株を購入すると配当が%で返ってくるシステムに気付く方も多いでしょう。これに気付くと、株の保有額は多ければ多い程、自分に返ってくる利益も多くなることにも気付くはずです。

すると元々貯金に回していたキャッシュ(現金)を、株式に変えれば配当金や株主優待で返ってくる機会が増えます。その結果お得になるので、どんどん株を買い増ししたい欲に駆られくるんです。

こうなると株の購入計画を立てて、どれくらいの期間でどれくらいのキャッシュを株式投資に回すかを考えるようになってきます。

たくさん株式投資で配当や株主優待が欲しいから、キャッシュを貯めて投資に回すという習慣が身に付いてくるわけです。

この考え方が身に付いてくると、余計な出費はなるべく抑えて、高額な買い物も吟味して、お金を本当に必要なものに絞って使えるようになってくるはずです。

インフレが起きたときに資産が相対的に増える

株式はインフレに強い資産だと言われています。インフレが日本に起きたとき、キャッシュで持っておくと相対的に価値が下がってしまうリスクがあります。

分かりやすい例を挙げると、現在100円で購入できるモノあったとします。そこでインフレが起きて、あるとき100円で購入できていたモノが200円になりました。

すると以前は100円で購入できていたのに、倍のお金を払わなくてはいけなくなったので、円の価値が半分に下がったと言えます。

円の価値が半分に下がると、貯金で500万円持っていても、モノの値段が倍になっているため資産価値としては半分になっているという考え方です。

逆にそれが貯金ではなく株式で保有していたとすると、インフレに応じて株価もつられて上昇していきます。そのためインフレが起きても株式で保有していれば、資産は相対的に増えていくのでインフレに強い資産なんです。

株式投資は余裕資産で運用するのを忘れずに

株を購入するとどんな良いことがあるのかチェックしてみました。しかし株価はいつまでも上昇を続ける保障がありません。もちろん不景気になって株価が下がることもあれば、配当金が下がったり、株主優待が廃止されたりする場合も往々にしてあります。

そのため、「もしも」のときのために必要な生活費までをも投資に回してしまうのは得策ではありません。

差し当たってすぐ生活に必要ないお金を投資に回すように心がけておきましょう。株には保有しておくとメリットがたくさんある反面、デメリットも存在します。

メリットを享受するには、リスクも同時に負っていることを自覚して株式投資を行ってください。

とはいえ、銘柄を選んで、長期ホールドをしていく投資スタイルなら今すぐに大損をするというものではありません。そのためこちらで紹介したメリットを長く受けられる可能性もグンと上がります。

投資は余裕資産で行っていただき、楽しい株式投資を始めてみましょう。皆さんの幸運をお祈りします。

コメント