2019年注目のキャッシュレス決済! LINEPayって何?

LINE Pay キャッシュレス

キャッシュレス決済戦国時代、とも言えるほど、一斉に各社がモバイル決済導入、浸透に躍起になっているイメージがある2019年。

昨年のPayPayによって知名度も爆発的に広がりましたね。そこで現在、コミュニケーションツールとして欠かせない存在となったLINEもそこに名乗りを上げています。

他のモバイル決済とどう違うのか、またメリットやデメリットも解説していきましょう。

LINEPayってどんな決済なんだろう?

スマートフォンのアプリでみんなが使っている「LINE」。このLINEがサービスを提供するモバイル決済がLINEPayです。

抜群の知名度を誇っているため、なんとなく親近感が感じられるところは他社モバイル決済と比較して一歩リードといったところでしょう。

そしてさらに大きなメリットもありますが、それは後程解説していきます。

LINEPayアプリはどこで入手できる?

LINEPay専用のアプリはありません。というのも、皆さんのスマホに入っているLINEから使えるようになります。

そのためLINEアプリが入っているスマホユーザーならばすぐLINEPayが使えるんですね。

スケマル
スケマル

わざわざダウンロードする手間が必要ないのは導入のハードルを下げてくれますのでありがたいですね。

LINEのアプリは、iPhoneユーザーはApp Store。AndroidユーザーはGoogle Playからです。

とはいえすでにLINEはスマホに入っている、という方が大半ではないでしょうか。冒頭で触れたLINEユーザーの多さがこのLINEPayの最大にして最強のメリットです

まずLINEのアプリを起動して、LINEPayを使える状態にする操作は必要になります。

LINE画面の友達、トーク、タイムラインは皆さんよく見るでしょう。

そのタブの右側に「ウォレット」というものが並んでいますので、そこをタップ。そしてページ内に表示されている「LINE Payを始める」をタップ。

あとはガイダンスに従って登録しましょう。

最初にLINE Payを使えるようにしてからやらなければいけないことは、LINE Payのパスワード設定をすることです。

これを設定しないとLINEPayが使用できなくなってしまいますので注意したいところです。

LINEPayの仕組みを理解しておこう

LINEPayはまず、LINEPayというモバイル決済のプラットフォームがあります。

そしてLINEPayの残高から支払いをしていくのですが、LINEPayの残高はLINEPayのモバイル決済と、LINEPayカードのプリペイド決済(実カードは要申し込み)とで口座を共有しています。

そのためLINEPayの口座へチャージすると、LINEPayのコード決済も使えますし、LINEPayカードとしてプリペイド支払いもできます。

実はこのシステムは、携帯事業者のKDDIが提供する、auウォレットカードとauPayの関係性に近いものがありますね。

LINEPayのチャージ方法は?

LINEPayをチャージするにはLINEPay口座に

・銀行口座からチャージ
・コンビニ端末からチャージ
・オートチャージ
・QRコード、バーコードからチャージ(一部店舗のみ)
・セブン銀行ATMからチャージ
・LINEPayカードレジチャージ

これらの方法でチャージが可能です。

またLINEPayカードへチャージもできます。LINEPayカードのチャージ方法は銀行口座、コンビニ端末、Pay-eazy、オートチャージの4種類が用意されています。

実際には支払い方法はさらに増えて、自分の使いたい方法でチャージができます。

一度口座などを紐付けてしまえば、チャージも非常に簡単で楽なのですが、それが面倒という方も実際にはいらっしゃいます。

そういった方はオートチャージやQRコード/バーコードチャージ、コンビニ端末からチャージを選ぶと分かりやすいでしょう

LINEPayはどうやって使えばいいの?

LINEPayの使い方は

・バーコードやQRコードを表示させて、お店に読み込んでもらう
・店頭のQRコードをスキャンして、金額を入力して支払う

この2種類。

お店のQRコードをスキャンする方式だと、お店の導入費用が少なく済みます。

今後モバイル決済が浸透してくれば、小型の店舗などではこちらの決済方法が増えてくる可能性がありますね。

こうした決済に対応できるため、使える幅が広がってくる可能性があります。

LINEPayはクレジットカードが使えない!?

LINEPayをチャージしようとしたとき、コンビニでのチャージや店舗でのチャージなどでクレジットカードを使うことができません。

オートチャージも銀行口座登録が必須ということで、同じくクレジットカードが使えません。

他のモバイル決済ではクレジットカード決済が可能、さらにモバイル決済での支払いをすると、クレジットカードのポイントとモバイル決済のポイントを二重取りができるものもありますが、LINEPayではそれができないため注意が必要です。

LINEPayはLinePayカードを使っているならば利便性がアップ

LINEPayカードは、未成年でも所持ができるプリペイド式のカードになります。そのため未成年でもカードが持てるのが特徴。

LINEPayを使うなら、合わせてLINEPayカードを使っていけば日々の買い物の利便性がアップしてきます。

それはこうしたプリペイドカードなのに、オンラインの決済でも使えるためです。

もちろん実店舗でクレジットカード支払いのように支払いもでき、さらにはオンラインでも使用可能。支払いを一本化することができるようになります。

LINEPayだけを使って生活するならば、支払いの一本化は非常に便利で魅力的です。

ただこのLINEPayカード唯一の欠点はJCBしか対応がないこと。実はVISAとMasterしか使えない、という店舗も大人の事情により実在します。

LINEPayのポイントはどれくらいつくの?

こうしたモバイル決済を使うとき、気になるのがポイント還元率でしょう。ポイント還元率は、モバイル決済利用者にとっては非常に大きなファクターを占めるといっても過言ではありません。

LINEPayはちょっと珍しいシステムをとっており、ランク制になっています。

・ホワイト 0.5%還元
・レッド 0.8%還元
・ブルー 1%還元
・グリーン 2%還元

1か月の総支払い金額で翌月の還元率が変わるシステムで、10,000円以上ならレッド、50,000以上ならブルー、100,000円以上ならグリーン、という基準があります。

100,000円となるとなかなか難しいケースもありますが、一部の公共料金の支払いにも対応しているため、生活圏、ライフスタイルによっては高還元のグリーンを維持できる可能性もありますね。

【LINEPayのポイント還元率】ステージ毎に0.5~2.0%

LINEPayでポイントを貯めていくのはお得なのか?

支払いの全てをLINEPayに切り替えて、グリーンへランクアップすればかなりお得なシステムと言える可能性があります。

他にもLINEPayで送金ができたり、貯めたLINEポイントをLINEPay残高へ移行できたりもします。

オンラインでもオフラインでも、使える場所が広いLINEPayはメリットが大きいケースもあるでしょう。

もしモバイル決済でLINEPayを選んだ貴方、決済をなるべく一本化して、効率よくポイント還元を受けるようにしたいものですね。

 

2019年注目のキャッシュレス決済! ApplePayって何?
「~~Pay」が一気に乱立してきて、皆さんはどこを使ったらいいのかわからない!? という方も多いのではないでしょうか。アップルユーザーがとっても気になるであろうApple Pay。他のモバイル決済とどのような違いがあるのか、また使い方の詳細は?Apple Payの全てがここで分かる!?
2019年注目のキャッシュレス決済! 楽天Payって何?
キャッシュレス決済で最近人気に火が点いてきたモバイル決済。その中でも楽天という大きなマーケットを持つ楽天もモバイル決済へと進出してきています。数あるモバイル決済の中から、楽天Payの優位性はあるのか?また利用方法などについても確認してみたいと思います。
2019年注目のキャッシュレス決済! auPayって何?
クレジットカードやモバイル決済など支払い方法が多様化してきているのを感じている方も多いでしょう。モバイル決済として携帯電話事業者のKDDIがauPayという決済サービスをリリースしています。他のモバイル決済との違いや、ポイント還元率などを見ていきましょう。
2019年注目のキャッシュレス決済! PayPayって何?
「100億円あげちゃうキャンペーン!」と大々的にCMを打って、こぞって還元を受けようと日本中が沸いたPayPay。今にわかにキャッシュレス決済のブームが来ているように思いますが、PayPay初心者に「PayPayって何だろう?」という疑問を一挙解決していこうと思います。

コメント