男性だって肌悩みはメイクで隠そう コンシーラーを上手に使おう!

コンシーラー メンズメイク

「メイク」と言えば女性の専売特許のように感じている男性も多いことでしょう。しかし今や男性だってメイクをする時代です。

ビジュアル系バンドの方のようにバッチリ決めたメイクをするのではなく、自分の顔のマイナスポイントをちょっとだけ補正してあげるという考え方でメイクをしていくのが主流です。

中でも男性を老け顔にする要因って何だかご存知ですか? それは肌なんですよ。若々しい肌は加齢とともに失われていきます。しかしそれをメイクでカバーすることもできるんです。

そこで今日は男性の肌悩みを解決してくれるコンシーラーについて見てみたいと思います。

【メンズメイク】コンシーラーって何?

女性にとっては当たり前、けれども男性にとってはなかなか敷居の高いメイク。その中でもコンシーラー、というのはあまり男性は聞いたことがない方も多いのでは?

コンシーラーとは肌悩みを隠すための化粧品で、ファンデーションよりも顔料がたくさん入ってカバー力が高いものを指します。

クリームタイプやスティックタイプのものがあって、カラーもものすごくたくさんあります。

と言っても何が何だかさっぱり・・・

という方、とりあえず気になる部分に塗って肌をキレイに見せるためのアイテム、と思っていただければ大丈夫です。

他のメイク道具と比べると、気になる部分にちょんちょんとつけるだけなので使い方はものすごく簡単です。

【メンズメイク】男の肌にコンシーラーの色は何を選べばいい?

男性の肌色は女性に比べて、色黒の方が多いのではないでしょうか。

日焼け対策も普段からはあまりしていない、夏になれば日傘や日焼け止めもあまり塗らない、という男性も多いですからね。

そこで男の肌、と言っても個人差があるので自分の肌に合った色の探し方をお教えします。

それは首と顔の間、つまり輪郭部分に塗ってみたときに違和感のない色を選べば大丈夫です。

ものすごくグレーっぽくなってしまったり、真っ白になってしまったりするものは顔に塗っても明らかに浮いて見えてしまいます。

【メンズメイク】ヒゲ剃り跡にはオレンジ系カラーのコンシーラー

ヒゲ剃り跡は青くなってしまう人も多いと思います。そんなヒゲ剃り跡を隠すにはオレンジ系カラーのコンシーラーを使ってみましょう。

青色の反対色なので、中和して目立たなくする原理です。

またヒゲ剃り跡ってけっこう広範囲ですよね。コンシーラーを広めにざっくりと塗ってみましょう。あとは指で広げながら叩くように馴染ませていきます。

ヒゲ剃り跡は完璧に隠すのは至難の業ですが、かなり薄く目立ちにくくするのは可能です。

またヒゲ剃り跡が薄くなるだけで、顔の印象がスッキリとして見た目年齢の若返り効果が期待できますよ。

【メンズメイク】コンシーラーはどんなところに使えるの?

コンシーラーはヒゲ以外にも、ニキビ跡やクマ、シミにも効果を発揮してくれます。

コンシーラーはスティックタイプや、ペンタイプ、チップなどの形状がありますが、どれも肌悩みの箇所にピンポイントで使えます。そのため隠したい部分にコンシーラーを乗せたら、それを指で叩くようになじませるだけです。

指で塗り広げないように、指で叩くように塗るのがコツです。

【メンズメイク】コンシーラーの使い方の注意点

肌トラブルのあるところに、コンシーラーを乗せて、あとは指で叩くだけです。

しかしその高いカバー力であるがゆえに、肌との境目が少し目立ってしまう場合もあるんです。

そのためピンポイントで肌に乗せたら、肌との境目を消すようにボカして塗っていきましょう。

このときニキビやシミなどのコンシーラーで隠したい箇所の周囲を指で自然になじませるように意識して行いましょう。このときも指で叩くように自然にボカします。

【メンズメイク】コンシーラーでコンプレックス解消!

ニキビやシミ、クマなど、どれも男性にとってはコンプレックスを持っている方も多いはずです。

コンシーラーはそんなコンプレックスを一気に解消してくれる手軽なアイテム。

男性だって全体的にフルメイクをすれば、「化粧してるんだな」と周りに勘付かれてしまいますが、コンシーラーで気になる部分をピンポイントで隠すだけなら、そうそう周りにバレることはありません。

まだまだ一般的に浸透しているとは言えないメンズメイクですが、自分のコンプレックスを手軽に、簡単に隠せるのならば、やってみて損はありません。

メンズだってメイクはちゃんと落とすべし! メイク落としは必須

化粧品を肌につけるたら必ずやらなければいけないことが化粧落とし(クレンジング)です。

ファンデーションもコンシーラーもそうなんですが基本的には顔料と油でできています。しかも汗などに強いタイプのコンシーラーでは洗顔ではなかなかキレイに落ちてくれません。

顔にコンシーラーが残ってしまうと、コンシーラーが酸化して肌へのダメージになってしまいますのでしっかりと落とすようにしましょう。

クレンジング料を肌に馴染ませて、コンシーラーを浮かせてから流して落としていきます。

オイルやローションタイプなど色々な性状のものがありますから、ご自分の好みに合わせて用意してくださいね。

そしてクレンジングをしたから洗顔はしなくてもいい! というワケにはいきません。

実はクレンジングは油分でメイクを落としているので、クレンジングそのものが肌に残ってしまいます。その残ったクレンジングを落とすのが洗顔。

いわゆるダブル洗顔というもので、面倒に感じるかもしれませんがクレンジングと洗顔を行うようにしましょう。

この手間を省いた「W洗顔不要」というクレンジング+洗顔を行える商品もありますよ。

【メンズメイク】気になる部分に付けるだけ!

メイク下地やファンデーション、アイシャドウ、アイラインなどフルメイクをするのは男性にとっては非常にハードルが高いはずです。

しかしコンシーラーで気になる部分だけを隠すメイクなら、ハードルも低く、さらにメイクに関する技術や知識もほぼ不要です。

もし貴方が肌トラブルで悩みを抱えているならば、コンシーラーで気になる部分をカバーしてあげてみてください。

それだけでなんとなく老けて見える顔から、キメの整った明るい肌になれる日が来るかもしれませんね。

コメント