「マラソンなんてキツイだけ」だったら目的を”遊ぶ”に変えてみる?

マラソン 遊ぶ マラソン

普段から体を動かすことに慣れていない人は、ジョギングやランニングについて、どのように考えていますか?

「キツい」「ツラい」「つまらない」というイメージをお持ちの方も多いと思います。

たしかに運動経験の浅い人や、運動から離れて久しい人にとっては走ることについてなかなか良いイメージは持ちづらいでしょう。

そこで今日は10㎞マラソン出場を目指す記事と合わせて、走る目的を”遊び”へ変えてみよう、という記事をお送りします。

練習は後で考えよう 10㎞マラソンにまずはエントリー

苦しい練習を想像する前に、とりあえず10㎞マラソン出場を目指してエントリーを先にしてしまいましょう。

スケマル
スケマル

「え~?いきなりは無理無理」

 

なんて思わずに、思い切りが大切です。何はともあれエントリーしなければ始まりません。

運動経験があってもなくても、走ることが嫌いでも、こちらをご覧いただいている、ということはマラソンやダイエット、運動不足解消などについてちょっとだけでも興味があるはず。

だったらその興味が消えないうちに、10㎞マラソンへのエントリーを済ませてしまえばいいんです。

エントリーそのもののハードルは決して高くありません。インターネットで買い物をする感覚でポチっといっちゃいましょう♪

エントリーしたら地域の特産品やアクティビティを探してみよう

エントリーして10㎞マラソンへの出場を決めてしまえば、次に練習よりも先に、出場する大会の地域の特産品やアクティビティ、観光名所などを探してみてください。

逆に食べたいモノ、行きたい場所から10㎞マラソンを探すという逆引きでもOKです。

そして10㎞マラソンに行ったとき、ついでに遊ぶ計画も立てちゃいましょう。

海が近いところなら美味しい海産物、山間部の地域なら特産品の果物や、山の幸。

観光名所や買い物スポットなど、全国津々浦々、とにかくたくさんの観光スポットが点在しているはず。

その10㎞マラソンに出場しなければ、人生において出会ったかどうか分からないことばかりかもしれませんよね。

こう考えるとどうですか?なんだかワクワクしてきませんか?

「走りに行く」のではモチベーションは保ちにくい・・・でも?

やっぱり人間はキツいことや、苦しいことってモチベーションは保ちにくいんです。だから「走る」って続かないじゃないですか。

けれどもおいしいものを食べに行く、遊びに行く、という目的があったらいかがでしょう。

10㎞マラソンエントリーの先にはその遊びが待っていると考えると、ただ走るだけよりもモチベーションが保てるような気がしませんか。

遊びに行くついでに走る、走るのってキツいけれど美味しいものは食べたい、というアメと鞭の環境を自分で作りだしてしまうんです。

人間はキツい目的のためには挫折してしまいそうになります。でも楽しいことに向かってする努力ってなぜか分かりませんが続いたりするんですよね。

こんな経験って今までありませんか?

あくまで走るのは遊びに行くついで 走ったご褒美に遊んじゃえ

「制限時間に走りきらないといけない..」

 

「疲れが貯まってるのにがんばって練習しないといけない..」

こんな心境ではメンタルが参ってしまいます。10㎞マラソンにエントリーをして、走りに行くのは間違いありません。

でも走るのは遊びにいくついでで、走ってキツい思いをした自分へのご褒美だと考えてみましょう。

しかも10㎞マラソンでは完走できずにリタイヤする方も案外いるんです。別に走り切れなくても恥ずかしいわけではありませんし、遊びにきたついでにマラソンを走ったのです。

マラソンの結果は気にせずいこうじゃありませんか。

考え方1つで、キツい「走ること」を続けられるから不思議

結果を求めてしまうとどうしても、やりきらなければいけない気になってしまいます。

そうなると練習するのが義務のように感じてしまい、どんどんツラくなってきます。

走って練習することがライススタイルの中でルーティンとなってくれれば問題ありませんが、そういう人ばかりではありませんよね。

だったら結果は求めず、メインは遊び。そのついでのマラソンだと割り切ってしまえば不思議と練習もちょっとずつやるようになるんです。

ダメならダメで仕方ない、そう割り切って自分でできる範囲の努力をしてみればそれでOKなんですよ。

深く考えないで 気楽にエントリーしてみよう

色々と考えてしまう人ほど、気楽にエントリーできない傾向が強いように思えます。

でも走れなくて当然、参加することに意義がある! の精神で気楽にエントリーしてみればいいんです。

むしろキツい思いをするかもしれない10㎞マラソンへ、自ら進んでエントリーしたという行為を褒めてあげてもいいくらい。

でもどうせエントリーしたんだから、なんとか少しでも走れるようになりたいな、と思えたら大成功です。

走ったご褒美に楽しい、美味しいが待っている

勢いで10㎞マラソンのエントリーをポチってしまった皆さん。遊びに行くついでに走るんです。

日程の関係上、遊びが先にくるのか後にくるのかはそれぞれの日程次第ですが、10㎞マラソンを走ったご褒美に「楽しい」や「美味しい」が待っていますよ。

それを目的に、とりあえず10mマラソンは走ってやろうじゃありませんか。

コメント