面接で緊張する時に和らげる方法はこの5つ

面接時の緊張 ビジネス

面接で緊張する時には、何か和らげる方法を知っていれば、落ち着いて面接を受けられる可能性があります。

当日はどうしても緊張しやすくなるもの。前もって緊張する自分を想定し、和らげる方法について知っておくようにしましょう。今回は、面接で緊張する時に和らげる方法について、5つのものをご紹介していきます。

余裕を持って行動をする

慌てて面接場所に行くようになると、穏やかな気持ちで面接を受けにくいことも。できれば、余裕を持って行動をするようにしておきたいですね。

特に、面接会場が自宅から離れているような時には、早めに到着できるように準備を早めに行いましょう。

前日に緊張してなかなか眠れずに、寝坊をしてしまうケースもあります。

でも遅刻をするという時点で採用される確率がかなり下がってしまうので、面接時間が朝の場合は早めの起床を心がけましょう。

アクセスについても、事前にしっかり確認をしてバスよりも電車を利用するようにして、遅刻を避ける必要があるのです。

遅刻をせずに、余裕を持って到着することが出来たのなら、少し近場のお店などでお茶を飲む時間の余裕も出てくるでしょう。

この状態で面接を受けられると、穏やかな気持ちでやり取りがしやすいはずです。

できるだけ普段と同じように過ごす

面接の日だからと思い、普段とは違う行動の仕方をすると、結果として、落ち着かない状態になりやすいでしょう。

そして、どこか普段とは違う…と自分でも思うので、緊張につながりやすいのです。できるだけ前日や当日は、いつもの自分の生活スタイルを変えずに、過ごすようにしましょう。

確かに面接は特別なものなので、意識する気持ちはありますよね。でもこれによって普段の生活を変えてしまうと、自分自身が面接自体を受け入れにくくなってしまうのです。

面接の当日に「今日は特別な日」という意識が強くなるので、緊張しやすくなるのでしょう。緊張を少しでも和らげるには、出かける前にも普段と同じような順番で用意をして、特別な日として、あまり意識をしすぎないようにしたいですね。

口角を上げるようにする

面接 笑顔

面接前に緊張しそうになったら、口角を上げるようにしましょう。できれば笑顔になれると良いのですが、人前でいきなり笑顔にはなりにくいもの。

こういう時には、口角を上げたり表情筋を動かしたりしておくと、自然に緊張が和らいでくるのです。

緊張をすると、どうしても表情が固くなりこわばってしまいますよね。その自分に気が付くと、より緊張が強くなるのです。

でも面接場所に着く前の電車の中で口角を上げて、表情筋を動かすようにするだけで、気持ちがほぐれてくる可能性は高いでしょう。

面接の時にも、穏やかな表情でやり取りがしやすいのでメリットが多いのです。面接の前日までに口角を上げることを意識するようにしておくと、当日も忘れずに行えるでしょう。

自分のテーマソングを聴く

この曲は、自分の考えと一致していると思う曲を見つけたら、これを自分のテーマソングとして考えておくと、いざという時に役立つことが多いのです。

とても元気が出る曲でも落ち着いた曲でも、自分の心に響く曲がきっとあるはず。それを見つけたのなら、普段からテーマソングとして聴くようにしておきましょう。

普段とは違う日だけではなく、毎日のように朝から聴いておくようにすると、更にこの曲が自分に馴染んでくるのです。

「この歌詞は特に共感できる」と思う部分については、できれば覚えているようにするのも良いですね。

面接で緊張する…と思った時に、曲の聴けない環境なら歌詞を心の中で思い出すようにしてみましょう。

毎日を過ごしている自分を想像して、いつもと違う日だと思いあまり意識をしなくなるのです。
そしてテーマソングと思っている曲の歌詞が心に響き、寄り添ってくれるように感じられるでしょう。

リラックス法を見つけておく

人によってリラックスする方法は様々です。例えば脚を組むことで、落ち着く人もいますよね。
もしくは、頭を左右交互に傾けることで、首のストレッチになりリラックスにつながる場合もあります。

面接の際に待合室がある場合や面接会場に向かう電車の中などで行うと、リラックスをするのに効果的でしょう。

面接で緊張を感じた時には、現在自分自身がいる場所を把握するために、全体を見渡すようにしてみると、雰囲気が分かるので落ち着く場合があります。

緊張するから…と俯いたままでいると、更に緊張が強くなる可能性があるでしょう。できるだけ顔を上げてリラックスを心がけながら、辺りを穏やかに見るようにしてみましょう。

まとめ

面接で緊張するのは、ほとんどの人にあることだと言えるのです。全然緊張をしていないように見える人でも、心の中では緊張と闘っているケースもあるでしょう。

緊張をしている姿に対して、面接をする側としては悪い印象を持つわけではないのです。真面目で誠実な雰囲気を与える可能性もあるので「緊張してはいけない」と思い込まないことも大切に。

自分らしさを出せば良いと思うようにすると、自然に緊張がほぐれることも期待できるでしょう。

コメント