投資はリスクマネジメントが大切 あなただけの投資ポートフォリオを作ろう

リスクマネジメント 投資

「お金」は貯めようとするだけではなかなか貯まっていきません。収入には限度がありますから当然と言えば当然です。

貯金だけではお金を増やすには限界がありますが、お金に働いてもらう投資は、非常に魅力的な資産運用方法の1つなのではないでしょうか。

もちろん損をするために資産運用をしているわけではないんですが、どうしても投資にはリスクが付きまといます。利幅が大きい代わりにリスクも大きいものや、利幅が小さい代わりにリスクも少ないもの。また世界の経済にあまり影響を受けないものなど、投資の種類はものすごくたくさんあります。

投資はリスクマネジメントが非常に大切なんですが、あなたはリスクマネジメントができていますか?

投資で一番やっちゃいけないことは一極集中

投資で一番やってはいけないことは、「1つの事柄が起きたら、全てが吹っ飛んでしまう」というような極端な投資です。なぜならば1つの指数に依存することになりますので、何か悪い事件が起きれば暴落のあおりを全てかぶることになってしまいます。

ここでじっと待って、下がったときこそ買い増しができるような強い精神力の持ち主ならば止めませんが、そういう投資家ばかりではないのが実情です。

「◯◯が儲かるらしいぞ!」と言って、全ての資産をそちらに突っ込んでしまうようでは、リスクを取りすぎているとしか言えないのであまりおすすめできません。

リスキーな投資に偏ると一体どうなるの?

リスキーな投資は、裏を返せば非常に利幅が大きくなることもあり、利益を出しやすいケースが多いんです。しかし逆の動きをすれば大損をする確率も高く、強制決済や下手をすると借金を抱えてしまう可能性も。

投資を始めたばかりの初心者が陥りがちなのが、「稼げる」というメリットばかりを見てしまい、何かあったときのデメリットをあまり考えない人も多くいます。それで痛い目を見た人は数知れず・・

せっかくお金を増やすために投資をするのに、最終的には投資するお金も無くなり、借金まで抱えてしまっては全く意味がありません。

ならば堅実な投資ばかりしているとどうなる?

堅実な投資として有名なのが債権です。例えば債権ばかりを中心に投資をするとどうなるのでしょうか。

利回りは小さいのですが、株式やFX、仮想通貨などのハイリスク資産よりは金額の上下動が少ないのが債権です。そのためある程度安定しており、コツコツと少しずつ運用益が出るのが特徴です。

しかし下がるデメリットがないわけではありません。安全性が比較的高いと言われていますが、国などが債務不履行に陥った場合、利子が支払われなかったり、投資した金額が戻ってこない可能性もあります。

債権の中でも先進国の債権はさらにローリスクローリターン、発展途上国と言われる新興国債券は債権の中でもハイリスクハイリターンと住み分けができています。

ミドルリスクミドルリターン 株でも債権でもない不動産投資

基本的な考え方としては株はハイリスクハイリターン。債権はローリスクローリターン。そして不動産投資(REIT)はミドルリスクミドルリターンとなります。

直接自分でマンションやアパートを買うのはなかなか現実的ではありませんが、投資商品の中には投資信託でREITを取り扱っているものもあります。世の中の景気とも完全に連動しているわけではないので、不況になったからと言ってすぐさま上場廃止になってしまうようなことは少なくなるでしょう。

常に悪い方を想定しておくのが大切

投資において、人間はどうしても自分に都合の良いことばかりを考えようとします。

「株はまた明日からもどんどん上がるぞ!」

といった根拠の無い自信のようなものですね。やはり過去の成功体験等からどんどん上がっていって欲しい、という考え方が捨てきれないんです。

しかしできれば投資で資産運用をしていこうと考える皆さんには、常に悪い方を想定して欲しいと切に願います。

下がってしまった直後はたしかに自分の資産が目減りしている状況ですが、逆に言えば安く買い増しができる状況でもあるわけです。世の中何が起こるかわかりませんから、資産が目減りしてしまう日が来るかもしれないと心の準備はしておくようにしましょう。

分散投資は必要だ!

資産を運用していくために、急激な資産の上下はあまり心臓に良いものではありません。上がる方はいいんですが、下がっていくのを見ると精神的にどんどん削られていきます。

そうならないためにも、資産の値動きを多少マイルドにするように株や債権、不動産、金(きん)やプラチナ、REITなどを組み合わせて分散投資をしていきましょう。

例えば株のみという極端な投資をしていたとしましょう。

株価が上がっていく強気相場の場面では資産がどんどん増えて、非常に気持ちのいい時間が過ごせませす。しかし逆に弱気相場で株価がどんどん下がっていくとどこまで下がるのか不安で仕方なくなります。しかも株価の上下動は大きいのでなおさらですね。

また債権ばかりのケースでは値動きが非常にゆっくりで、株式投資をしている人に比べると利益が思っていた程出せなかったりします。これはこれで投資商品ごとの性格が出ているとも言えそうです。

ポートフォリオは実際にどうやって作ればいい?

投資におけるポートフォリオはどのような考えで組んでいけばいいのでしょうか。ハイリスクで攻撃型のポートフォリオや、ローリスクで守備型のポートフォリオ、また色々組み合わせたバランス型など紹介していきます。

→株式中心の攻撃型ポートフォリオ
・新興国株式 30%
・海外先進国株式 30%
・国内株式 20%
・REITE 20%

新興国及び海外先進国の株式が60%を占める攻撃型のポートフォリオです。資産運用をするのに上下動が激しく、大きな利益も狙っていける反面、暴落のリスクも考えなければならないポートフォリオです。

とにかく大きく増やしたい、もし暴落しても買い増ししたり待てる、という方向けなので、まだまだ今後、長く現役世代として活躍する人はこれでも大丈夫です。

→債権中心の守備型ポートフォリオ
・国内債券 40%
・海外先進国債券 30%
・REIT 30%

債権を中心としたローリスクローリターンのポートフォリオです。債権が中心なので値動きはあまり大きくありません。債権の中でも値動きが大きくなりがちな新興国債券は外してあります。

どちらかというと、大きな値動きは好まず、預貯金のような感覚で資産運用をしていきたい方向けのポートフォリオです。

→株式、債権をミックス バランス型ポートフォリオ
・REIT 50%
・先進国債券 20%
・新興国債券 10%
・国内株式 10%
・海外先進国株式 10%

ミドルリスクなREITを中心に債権と株式をバランス良く配したポートフォリオです。

景気で大きく上下に動く株式と、動きのあまり大きくない債権、そしてミドルリスクミドルリターンのREITを組み合わせて、暴騰時も暴落時も値動きはある程度マイルドにしています。

これが完璧、というわけではなく、あくまで一例です。ここからさらに現金(キャッシュ)として保有していたり、金(きん)や銀、プラチナなどの景気とは逆の値動きをする商品などを組み合わせて投資している人も多くいます。

資産運用は収入の実情に合わせてポートフォリオを作ろう

結局のところ、資産運用をするのにどれが正解、というものはありません。その時になってみないと誰も分からないんです。

しかし1つだけ確実に言えるのは、資産運用はギャンブルではないものの暴落する危険性があります。そのため全てを資産運用に回すのではなく、当面の生活費などを除いた余剰資産でやるようにしましょう。

自分自身や家族の収入の状況や家族構成によって、どれくらいリスクが取れるのか、またリスクを抑えなければならないのかは変わってきます。

自分の状況にぴったり合った資産運用を考えてポートフォリオを作っていきましょう。

コメント