雨の日の頭痛を軽減するためのコツ

頭痛 ライフスタイル

雨の日には頭痛がするという人は、とても多いですよね。

少しでも楽になりたいと思い、様々な方法を試した経験がある人も。

では雨の日の頭痛を、少しでも軽減するための方法はあるのでしょうか。

そのコツについて、お伝えしていきましょう。

体調を良くする

雨の日であっても、頭痛がする人もいれば頭痛とは無縁の人もいます。この違いは、どこにあるのでしょうか。

それは、気圧に対して敏感かどうかが関係している可能性があるのです。

気圧に対して敏感なタイプの人は、雨の日の頭痛を強く感じやすいでしょう。

でも鈍感なタイプの人は、雨の日でも頭痛を感じなくて済むのです。様々なことに対して、敏感な人と鈍感な人は、実際に存在するもの。

こんなに辛い頭痛が起こるぐらいなら、鈍感でいたい…と思う人もいるでしょう。でも元々敏感な人が鈍感になるのは難しいものです。

そして敏感になるのは、元々の持病などが関係しているケースが多いでしょう。

つまりは体調を良い状態にして、雨の日の頭痛に負けないようにするのが大切なのです。

持病によっては、改善するものもありますよね。

面倒だからと思い放置している症状があるのなら、この機会に医療機関に行って相談をしてみましょう。

ストレス解消をする

普段からストレスが溜まりやすい人は、雨の日の頭痛を感じやすい可能性があります。

ストレスは、体や心に対して様々な悪い影響を及ぼしてしまうもの。

頭痛に対しても同じように言えるのです。ストレスが溜まっているままにして、普段の生活を乗り切ろうとした時に、雨の季節がきたとしたら痛みに弱くなるのは想定できますよね。

ストレスは無くそうとしても、難しいもの。でもストレスと上手く付き合っていくのは可能なのです。

上手く付き合うためには、時にはストレス解消やストレス軽減をするのが必要に。ストレス解消法は、人により色々とありますよね。

ひとりカラオケをしたり、本を読んだり。自分なりに趣味に熱中してみるのも良いでしょう。

友人と適度な量のお酒を飲みに行くのも、ストレス解消になるかもしれません。

「最近ストレスが溜まっているかもしれない」と思ったのなら、放置をせずにストレスと向き合ってみましょう。これができれば、雨の日の頭痛を軽くすることが期待できるのです。

調剤漢方を試してみる

調剤漢方は、現在抱えている不調について薬局の薬剤師に伝えることで、自分の症状を改善してくれる漢方を調剤してくれることが期待できます。

頭痛がするからと言って、服薬は少し不安…と思う人でも、漢方については副作用が少ないと言われているので、安心感を得られるかもしれません。

もちろん、全く副作用がないわけではなく、自分に合う漢方薬かどうかが何より重要です。

勤務先の近くや自宅近くに調剤漢方薬局があるのなら、一度訪ねてみるのも良いですね。

すぐには効果がなくても、段々と効果を感じられる可能性があるのです。

漢方が合うと言う人は、症状が辛い状態の時期にだけ飲んで、頭痛をやり過ごしている例もあるかもしれません。

長い期間飲むのが嫌だという人もいます。どのくらいのコストで自分に合う漢方薬を調剤してもらうかについても、よく相談をしたうえで始めてみるかを決めると良いでしょう。

水分代謝について

水分代謝を促すことにより、雨の日の頭痛を緩和させられる可能性も。

かといって冷水では、更に頭痛を悪化させてしまうかもしれません。

水を飲むのなら、常温のお水かお茶をこまめに取り入れるようにしてみましょう。

水分を得ると、体の水分を外に出すことにつながる可能性があります。

多くの水分を摂取できないと思った時には、飲める範囲だけでも良いでしょう。

水分を摂取すると、体に溜まっている水分を尿と共に出しやすくなるので、結果として身体の中の水分代謝を促すことが期待できるのです。

忙しいとつい水分を摂るのを忘れてしまう人は、案外多いもの。でも雨の日の頭痛や低気圧による体調不良を感じた時には、水分を積極的に摂るようにしてみましょう。

体を冷やさないように工夫をする

自宅では室内の温度調整ができますが、社内では難しい場合もありますよね。

自分のデスクのすぐ近くにエアコンがあるとしたら、体が冷えてしまうケースもあるでしょう。

この場合は、社内にて着ることができる上着を持っていったり、肌着でも体を温めるものを選んだりしてみましょう。

冷たい食べ物についても、できるだけ控える必要があります。体内の血液循環を良くするように、工夫をするのが必要でしょう。

まとめ

雨の日の頭痛を改善するためには、暑い日だからといって冷たい食べ物や飲み物を摂りすぎないことが必要です。

体内の血液の巡りが悪いために、頭痛が起こっている可能性もあるため、できるだけ体内の血液循環を良くするように、意識してみましょう。

普段は当然のように痛み止めを服用しているかもしれませんが、眠気が出てくるなどの副作用などもありますので、安全性の高い頭痛の軽減方法を試してみるようにしましょう。

コメント