サラリーマンでも別荘が持てる!?リゾート旅行しよう!

ライフスタイル

別荘といえば軽井沢や伊豆などの温泉や避暑地でお金持ちがゆっくりと過ごすイメージですよね。
我々のようなサラリーマンには手が届かないと思っていませんか?

そんなことありません。

会員制リゾートを活用すれば安価に色んな場所の別荘、リゾートを楽しむことができるんです!!

賢く、家族でリゾート旅行をしましょう!

会員制リゾートとは

リゾート会員権を購入した会員様及びその紹介者・同伴者が利用することのできるリゾートホテルの総称です。

リゾート会員になるには何らかの方法でリゾートホテルの利用権を取得する必要があります。取得方法によって会員権の種類が異なります。

会員制リゾートは施設の所有権がある場合や、利用権のみの場合など形態は異なりますが、別荘を個人で所有するのと比べると、安価な費用で購入・契約することが可能です。

また、所属するリゾートクラブの他の系列施設も自由に使用することができます。別荘とは異なり、固定資産税などの税負担が必要ありません。

リゾート会員権の種類

リゾート会員権には主に3つの種類がありますのでそれぞれの特徴を見ていきたいと思います。

預託金制リゾート会員権

会員権を運営する会社に預託金を充当することで、利用権が与えられます。預託金については、退会後または一定期間経過後に無利息で返還されます。

共有制リゾート会員権

1室の不動産所有権を数人から数十人程度、または1棟の建物を数百人から数千人程度のメンバーで共有する契約形態になります。不動産取得税や固定資産税などの支払が必要になりますが、万が一運営会社が倒産してしまっても、不動産の所有権は消滅しません。退会時には、会員権の売却が可能です。

利用権制リゾート会員権

リゾートの利用権のみを与えられる契約形態になります。預託金や不動産の所有権などがない代わりに、退会時には入会時に支払った会員権代金は消滅します。

利用方法

タイムシェア制

1室を1週間単位、または一定期間内で共同所有(シェア)するシステムになります。タイムシェア制には、それぞれ毎年同じ週を指定し利用できる「固定週制」、毎年違う週が割り当てられる「変動週制」、利用したい週を都度予約して利用する「フローティング週制」などがあります。

ポイント制

年間ポイントを購入し、お好きな部屋をポイントを使用して利用することができます。部屋は先着順となり、施設、シーズンや曜日などによって利用に必要なポイントが異なります。

チケット制

会員に無料利用チケットや優待利用チケットが配布され、そのチケットを使用することで施設を利用できます。基本的にチケットは会員以外でも使用できますので、複数の友人間で利用されている方もいるようです。

記名カード制

会員に記名式のメンバーズカードトが配布され、そのカードを使用することで施設を利用できます。原則としてビジターが利用する際には、オーナーの同行が必要となります。


利用料金

利用料金は会員権の種類などで様々ですが、例えば「Resort Share」というサイトでは
毎月12,000円!? を支払い貯まったポイントで宿泊するというシステムです。
これならサラリーマンでも十分手が届きますよね!!

おすすめ会員制リゾート

おすすめの会員制リゾートを記載しておきます。

東急バケーションズ 

Resort Share

リロバケーションズ

キャンペーンでお得に入会可能であったり、会費の割引などもありますので是非確認してみてください。

コメント