好きな人に避けられる…と思った時の行動の仕方

避けられる 行動 女性の心理

好きな人に避けられると、辛くて悲しい気持ちになるもの。

「何か悪いことをしたのだろうか…」

と、悩んでしまいますよね。

今回は好きな人に避けられると思った時には、どのような行動をすれば良いのかについて、お伝えしていきましょう。

自分に非がないかを考えてみる

自分では気が付かないところで、好きな人を不快な思いにさせている例もあります。

自分では大丈夫だと思ってした行動により、好きな人から避けられるケースもあるでしょう。

まずは自分に何か非がないかを、考えてみる必要があります。

相手の立場になって考えた時に「もしかしたら、あれが原因では…」と思う時もあるもの。

じっくり考えてみなければ、気が付かないケースは案外多いのです。でも好きな人に避けられるような内容ですから、このままにしておいては相手との距離が広がってしまうでしょう。

早い段階で、相手に対して謝ったり何らかの行動を取ったりするのが大切です。

こちらが気付かない状態でいるのを見て、より腹を立てて嫌な思いをしている女性もいるでしょう。

表面には出さなくても、心の中で好きな人を苛立たせているケースもあるのです。

早い段階で気が付けば、関係を修復できる可能性もあるでしょう。

様子を見てみる

相手が忙しくて余裕がない時には、なんとなく冷たく感じる場合もあります。

しばらく相手の様子を見ていると、自分に対してだけではなく人に対して話す余裕がないと分かる時もあるのです。

忙しくて余裕がなくても、それを実際に言葉に出す人は少ないですよね。でも黙って用事をするのが、やっとの状態もあるもの。

こういう時に人に話しかけられても、上手く返せない人もいます。

もしくは、できるだけ人とのやり取りを避けるようにして、話さなくて済むようにする人もいるでしょう。

様子を見ていると、相手の状態がよく分かるので「今は話さない方が良いタイミング」と気付くことができるはずです。

忙しくて大変な時に話しかけられても困る人は多いので、これについてよく把握したうえで、対応をするようにしましょう。

周りに聞いてみる

それとなく周りに、何か好きな人にとっての変化が無かったかを聞いてみましょう。

「最近、元気がなくて気になるんだ」のように言って聞くようにすれば、何か情報を得られる可能性があります。

例えば引っ越したばかりで、環境に慣れずに辛い思いをしている場合もあるでしょう。

同性にしか話さないような内容でも、心配だからと思い聞いてみれば周りが教えてくれるケースもあるのです。

聞いた時には、それを他の人に話すようなことはせずに、相手にどのように振る舞えば良いのかを考えてみましょう。

すぐに励ます言葉をかけるよりも、しばらく時間を置いた方が良い場合もあります。心の整理ができていない時には、あまり人と話したくないと考えている女性もいるでしょう。

仕事でミスをして落ち込んでいると聞いたからといって、すぐに励まされるよりも機会を見て仕事をする姿勢や態度などを、褒めるようにしてみると良いですね。

自信をなくしていた自分に気付き、少しでも元気になってくれるかもしれません。

女性を褒める時には、タイミングがとても重要になるのです。

さりげなく本人に聞いてみる

もしLINEのやり取りなどをする関係なら「最近、何かあった?」とメッセージを送ってみましょう。

メッセージを見て女性が、何か今の思いについて教えてくれる可能性があります。

「どうして?」と返事が来た時には「以前とは違うように思うから」と伝えると、自分を理解してくれていると思い、女性は嬉しい気持ちになるもの。

「この人になら、本当のことが言えそう」と思い、話せるような場合もあるでしょう。

あまりストレートに聞いてしまうと、相手が引いてしまうリスクがあります。

「僕を避けていない?」「何か悪いことをしたかな」と伝えられる相手と、そうではない相手がいますよね。二人の関係性により、言えるかどうかを判断する必要があるでしょう。

話しかけてみる

避けられていると思うと、話しかけるのに勇気が要りますよね。

でも思い切って何事もなかったように、話しかけるようにしてみましょう。

あまり明るく軽い口調ではなくて、挨拶をするところから始めるようにすると、相手の反応が分かりやすいのです。

一時的に避けられていただけで、実は考え過ぎだったとその時に分かることもあるでしょう。

実際に女性によっては、一時的に機嫌が悪くて人を避けてしまうケースもあります。

基本的に感情的になりやすい女性は多いので、挨拶をしてやり取りをしているうちに、考え過ぎだと男性が気付く例もあるでしょう。

まとめ

好きな人に避けられる…と思っても、すぐには諦めずに時間をかけるようにしてみましょう。

少し時間が経てば相手の反応が変わることもあるのです。

相手の反応次第で、これからどのように接すれば良いのかが分かってくる場合もあるでしょう。

すぐに決断をしてしまわずに、穏やかに相手を見守る心の広さも必要なのです。

コメント