30代から始める男の料理

男の料理 趣味

30代40代の男性が気軽に始められる趣味の1つとしておすすめなのは料理です。

料理を趣味にすれば、食事が楽しくなります。

またオリジナルのレシピを考えたり、調理道具やキッチン家電を買い揃えてみたり、料理のスキルUPを実感したりなど、日々の生活がとても刺激的になります。

実際に私も、30代後半になってから料理を趣味にしました。

その甲斐あって簡単な料理ならパパっと作れるようになりましたよ。

そこで30代40代の男性が料理を趣味にすることについて、これからもう少し詳しく掘り下げていきますね。

 簡単な料理から作ることで少しずつスキルUP

料理を趣味にしようと思って始めた私ですが、まず簡単な料理から作ることにしました。

私は決して手先が器用なわけではなく、料理に向いていると思ったことはありません。

だからこそ簡単な料理からトライし、少しずつスキルUPしていこうと思ったのです。

まず最初にトライしたのは、料理の定番であるカレーライスからでした。

カレーライス作りをする前はジャガイモの皮を剥いた経験すらなかったので、作れるかどうかとても不安でした。

ですが料理作りを趣味と決めたからには、カレーライスぐらい作れないと趣味とはいえないですよね。

ですからレシピサイトを見たり、ルーのパッケージ裏に書かれている手順を見たりして四苦八苦しながら、カレーライス作りにトライしました。

その結果、極上とは言えないまでも十分おいしいカレーライスを作ることができました。

この達成感は、今でも忘れられません。

そしてカレーライスを1人で作れたということが、ちょっとした自信になりました。

カレーライスが作れてからは肉じゃがやクリームシチューなど、さまざまな煮込み料理のスキルUPに成功しました。

徐々にスキルUPしていけるのが料理のおもしろいところで、趣味にするメリットの1つだと思いますね。

 料理にどんな食材を使うのか考えるだけでも楽しい

料理を趣味にすると食材に対して自然と興味を持つようになります。

今まではスーパーに行っても楽しいと思うことはほぼありませんでしたが、今は食材が選びがとても楽しくなりましたよ。

私は特に野菜が好きなので、珍しい野菜を見つけたりするとテンションが上がってしまいますね。

料理をするようになってから、アレッタ、雪菜、あさつき、アイスプラントなど、あまり一般的ではないような野菜にも興味を持つようになりました。

野菜をはじめとした食材の知識が身についていくのは、単純にとてもおもしろいですよ。

また野菜をはじめとした食材を包丁でどう調理していくのか、包丁を使うスキルUPも実感しています。

皮むき、いちょう切り、乱切りなど、さまざまなスキルを自然と覚えていけるのが料理を趣味にするメリットですね。

まるで料理のプロになったかのように錯覚してしまいますので、とても楽しいですよ。

 

 料理を趣味にすると食費が増えてしまう

料理を趣味にするデメリットを挙げるなら、食費が増えてしまうことですね。

食材にこだわっていくとどうしてもいい食材を買いたくなりますので、結果的に食費がかさんでしまいやすいです。

外食するのに比べたら安く済ませられるはずですが、それでも食材にこだわり出したらキリがないのは否定できません。

いろいろな食材に興味がわいてきてしまいますので、お金を節約する気持ちを持っていないとつい高い食材を買ってしまいやすいですね。

収入は限られていて食費に使えるお金が決して多いわけではありませんから、そこは上手くやり繰りしないといけません。

その点は料理を趣味にすることのデメリットといえばデメリットだと思いますね。

 まとめ

今は男性女性関係なく料理をする時代になりましたので、30代40代の男性が料理を趣味にすることはとてもいいことだと思いますよ。

料理をすれば料理に関連するすべてのスキルUPが見込めますし、将来的なことを考えれば料理を趣味にしておいて無駄になることはないはずです。

食費が増えてしまいがちになりますのでそこは注意しないといけないですが、30代40代の男性におすすめの趣味です。

コメント