転職で後悔をするのは…この5つのパターン

転職 後悔 転職

転職をして後悔をした…という話を聞くこともありますよね。

どのような時に後悔をしたと、思うものなのでしょうか。

今回は転職で後悔をする5つのパターンについて、お伝えしていきますので、転職の際の参考にしてみてください。

求人内容と実際の仕事が違う

雇用形態など、求人内容の通りだと思い採用をされたとしても、実際に転職してからその内容が、あまりにも違うと驚くケースもあります。

面接の際にできるだけ細かく聞いておいたにも関わらず、仕事内容が話と違いすぎるので驚く例もあるでしょう。

これについては、転職をして後悔をするパターンのひとつなのです。

後から「最初にお聞きした内容と違うのですが…」と伝えても、それなら辞めればいいという話になりかねません。

全然違うと思いながらも、仕事を続けていくしかないケースもあるでしょう。

もしくは、再度転職を考えて他の場所を探すのを決意する人もいます。

本当にこの場所で仕事をしていけるのかどうか、それについて不安になってしまうのも、転職をしてから実際にあるものでしょう。

人間関係がややこしい

人間関係の構築を一からスタートしていかなければいけないのは、転職をするうえでやむを得ないことです。

これについては理解していたとしても、環境によってはとてもややこしい雰囲気の場合もありますよね。

例えば派閥が色々とあって、どの派閥に属するかを決める必要があるケースも。

前に勤めていた会社には、そのようなものがなかったので、戸惑う人もいるでしょう。

派閥ごとに、社内においての立場が全然違うとしたら、仕事がしにくくなってしまうリスクもあります。

運良くOBごとの派閥があり、話しやすく相談しやすいグループに入れる例もありますが、かなり稀でしょう。

派閥の名前の元に、立場を誇示してくるような人が多い会社の場合は、人間関係の構築のために、疲れてしまうと想定されます。

これについて知らなかった人は本来多いため、転職をして後悔をするケースと言えるでしょう。

残業が多い

「繁忙期には残業があります」と言われただけで採用をされた場合、実際に勤めてみて残業の多さに驚くこともあるでしょう。

残業代がしっかり支払われれば良いのですが、ほとんどがサービス残業。

残業をして当然のような働き方を、社員がしている会社もあります。

この場合は、いつまで経っても会社内での残業時間は減らないでしょう。

それどころか、これからも増え続ける可能性があるのです。

残業については面接時に「ある程度の残業は可能です」と伝えなければ、採用されないこともあるでしょう。

だからといって、ここまで多いとは思わなかった例は案外あるもの。

でも入社をしてしまった以上は従うしかないと思い、転職について後悔をすることもあるでしょう。

営業をさせられる

営業職ではないと言われて転職をしたけれど、入社してしばらくしたら、営業をしに行く話になり、がっかりすることもあります。

営業が向いていない、人とのやり取りが苦手だと考えるため、デスクワークを望んだのに営業をしなければならない場合は、とても負担に感じるでしょう。

テレアポについても、初めて経験するケースも。

最初からそのつもりで入社したのなら納得ができるのですが、入社をしてから言われてしまうと、どのよう仕事の仕方をすれば良いのか悩むもの。

しかし実際に営業をしてみると、案外向いていた例もあるかもしれません。

ところが納得して入社していない分、どうしても転職をしたことに対して後悔の気持ちを持ってしまうのです。

新しい能力を開拓できたと思えた時には、後悔の気持ちが和らぐ可能性はあるでしょう。

様々種類の仕事をさせられる

まるで雑用係…と思うほどに、様々な仕事をしなければいけないと、転職をしてから分かるケースもあるでしょう。

何でもできる人材というのは、ある意味会社では貴重な存在です。

でもだからといって、まるで何でも屋のように働かされると、そんなつもりで入社をしていない…と思ってしまうもの。

零細企業の場合には、何でもできて当たり前のような扱いを、入社後に受ける可能性もあります。

その分、器用に色々な仕事ができるようになるケースもあります。でも慣れるまでは大変だと感じるでしょう。

いつの間にか柔軟性を得ることができて、しばらくするとその場に馴染める人もいますが、自分には無理だと思い、会社を辞めてしまう人もいますよね。

まとめ

転職で後悔をするかどうかは、転職をしてみないと分からない場合が多いです。

でも例えば転職エージェントを使ったとしたら、社内の雰囲気などについて事前に知ることができるので、失敗が少ないと言えるでしょう。

リサーチをしたいと思っても、一人でするのには限界があります。こういった意味でも、一人で転職活動をしない方が、後悔のない転職ができる可能性は高いでしょう。

転職で成功をしたいと思い現在の仕事を辞めるわけですから、ステップアップができる転職ができるように、工夫をする必要があるのです。

コメント