転職のメリットとデメリットを把握しておこう!

転職のメリットデメリット 転職

転職にはメリットだけではなく、デメリットがあることも理解しておく必要があります。

転職をするうえで、希望を持つのは素晴らしいですが、デメリットもあると知っておくようにしましょう。そうすれば、冷静になり落ち着いた行動ができるのです。

今回は、転職をするうえでのメリットとデメリットについて、深く見ていきましょう。

収入について

収入が増えるとなると、この場合は転職に対してのメリットがあることになります。しかし収入が増える転職ばかりではないため、現在よりも収入が減るのがデメリットとなるケースもあるでしょう。

収入アップを重視している人にとっては、もしも現在の仕事よりもお給料が下がるとしたら、転職に対してメリットを感じない例もあります。

転職先によっては、採用をされてから収入について交渉できるケースもありますが、これにより印象を悪くしてしまうリスクもあるでしょう。

このように考えると、現在の収入をよく把握したうえでどのくらい収入が上がるのか、もしくは下がるのかを考えるのが大切です。

今回転職をするうえで、最初は現在の仕事よりも収入が減るとしても、勤めている間に昇給をする可能性もあります。

例えば年に二度は昇給がある会社に転職をするのなら、目の前の収入は現在よりも低くても、すぐに収入が上がるのも期待できるでしょう。

少し先について考えたうえで、収入の増減について見ていくことが大切なのです。

人間関係について

現在の人間関係が複雑で耐えられないものだとしたら、転職を視野に入れるケースもあるでしょう。

転職先は、現在よりも人間関係が良くて仕事がしやすい可能性もあります。

この「期待が持てる」という意味では、転職をするうえでメリットになるでしょう。

でも人間関係が良いものかどうかは、転職をしてしばらく仕事をしてみないと分からない場合が多いのです。

つまりは「前の職場の人間関係の方が良かった」と後から思うケースもあるでしょう。これについては、冒険をしなければいけない可能性もあります。

例えば口コミなどを見て、アットホームな会社だと情報を得たとしても、口コミを書いた人には合う場所であっても、自分に合うかどうかは分からないもの。

結果として、現在の職場よりも人間関係が悪くなるかもしれないリスクは、転職でのデメリットになるでしょう。

知り合いの紹介による転職

知り合いが転職先を紹介してくれるとしたら、この場合もメリットとデメリットがあります。

メリットとしては、知り合いがこちらの性格などを理解したうえで、転職先を紹介してくれるので、安心感があるということでしょう。

自分一人で転職先を探して行くのは、大変なので知り合いや友人を頼るのもひとつの方法です。

ただ、ここでのデメリットとしては、もし紹介してもらった場所が自分にとって合わないと面談の時などに感じた場合、断りにくさを感じる点でしょう。

かといって、諦めるような形で入社をしてもうまくいかない可能性があります。

最初から「紹介してくれて申し訳ないけれど」「もし合わないとしたら、断ってしまうかもしれない」と伝えたうえで、紹介を頼めるのならそうしてみても良いですね。

何度も転職をしている場合

何度も転職をしていると、どのような印象を受けるのかは不安なものです。

これについては転職をするうえでのメリットは、何度も採用をされたので「魅力ある人物」と採用担当者に思われる可能性がある点です。

転職活動においても、スムーズに行動ができるメリットもあるでしょう。

しかし、それぞれの職場で、ある程度長く勤めた経験があるのなら良いのですが、1か月で辞めてしまうようなことが続いていると、転職をする際にマイナスイメージになるでしょう。

採用担当者としても「もしうちで採用をしても、またすぐに辞めてしまうのは」と、不安に感じるからです。

なぜ今まで勤めた職場をすぐに辞めたのか、明確な理由を伝えることができれば、納得してもらえるケースもあります。

転職をすることによるメリット

転職をすると、成長できるメリットがあります。

新しい場所を知り、これによって学ぶものも多いでしょう。

職場で過ごす時間は長いので、できれば新鮮な気持ちで仕事をしたいと考える人もいますよね。こういうケースなら、転職にメリットを感じる例も多いです。

現在の環境が苦しくて辛いと思うのなら、転職について考えてみても良いかもしれません。心身ともに落ち着いた状況で働ける場所に転職活動をすることで、出会える可能性もあるのです。

まとめ

転職のメリットとデメリットについては、様々な角度から見るようにしておきたいですね。

視野の狭い状態で転職をすると、メリットだけが突出して見えたり、デメリットについて考える余裕がなくなったりします。

できるだけ、穏やかな気持ちで転職活動をするためには、自分の進みたい方向性を明確にしてみましょう。

そのうえでどのようなメリットとデメリットがあるのかをよく考えてから、実際に行動に移すことが大切なのです。

コメント