30代低身長メンズへ贈る! 夏ファッションのポイント

夏のメンズファッション ファッション

これから夏の本格シーズン! レジャーやデートにはせっかくですからオシャレをしていきたいものですよね。

しかしスラリと高身長のメンズはどんなファッションだって似合ってしまうのに、低身長のメンズが着るとなんだか野暮ったくなってしまうファッションも・・・

低身長だってオシャレを楽しみたい!という30代の低身長メンズに贈る夏ファッションのポイントをチェックしていきましょう♪

低身長メンズはファッションに少し制限がある、でもコツさえ掴めば大丈夫

どんな服も似合うオシャレな高身長男子は、低身長のメンズからしたら羨ましい限りです。

しかし、背が低いものは仕方ない! だからこそ高身長のメンズと同じ土俵で勝負するのではなくて、低身長でも似合うファッションで勝負していこうじゃありませんか。

低身長でもオシャレに見えるファッションはちょっとしたコツだけです。

「どんな服を着ても似合わない」と諦めていた低身長のメンズの皆さん。

大丈夫、高身長のメンズよりたしかに制限があるかもしれません。でもオシャレに見せるには低身長だって大丈夫なんです。

低身長メンズのファッションのコツは「ジャストサイズ」だ

とにかく低身長メンズのファッションにおいて大切なのは「ジャストサイズ」を選ぶことなんです。

ルーズなビッグシルエットのシャツやゆとりのあるカーゴパンツなど、ゆったりしたファッションアイテムもあります。

でもこれを低身長メンズが着こなすにはちょっと難しい、というか横に広がるシルエットのファッションは低身長が際立ってしまうケースもあります。

基本的にぴったりサイズのトップス、ボトムスをチョイスするように気を付けましょう。

もしも貴方が「どんな服も似合わないんだよなぁ」と感じたことがあるならば、手持ちの服を見てみましょう。もしかしたらサイズ選びを間違えているのかも?

低身長メンズのトップスは足を長く見せるために短めの裾で

Tシャツやシャツなどを着るとお尻の半分くらいの長さになってしまった経験がありませんか?

低身長メンズはトップス選びが大切なんです。

足を長く見せるために短めの裾のものをチョイスしましょう。

裾が短めのシャツは65センチ前後の着丈が狙い目

裾が短めのシャツと言われても、レディースのようにショート丈のシャツがたくさんあるわけではないんです。

そんなときに注目したいのが「着丈」。

この着丈をチェックして短めのシャツやTシャツをチョイスするようにしましょう。

決して数が多いわけではありませんが、ブランドによっては裾が短めに作られているものもあります。

この着丈が65センチ前後のものを選ぶとスッキリします。

トップスのビッグシルエットは避けた方がいい

トップスにビッグシルエットのシャツを持ってくると、縦のラインがYの字になります。

トップスにボリュームが出るのは悪いことではないのですが、裾の長さが低身長メンズの場合だらしなく見えてしまう場合も。

ボトムスや小物などと合わせて上手に着こなせるオシャレ上級者は問題ないかもしれませんが、基本的には合わせづらくなってしまいます。

低身長メンズのボトムスはジャストサイズ&ダークカラーが鉄板

トップスと同じくボトムスもジャストサイズが基本になります。

縦のラインをキレイに見せるのがポイントになるのはトップスもボトムスも一緒なんですね。

そしてさらにカラーにも気を遣いたいのがボトムスの特徴。

それはダークカラーで合わせることなんです。

ダボっとしたシルエットのパンツは難しい

低身長メンズはダボっとしたシルエットのパンツを合わせるとAラインといって下にボリュームを持たせたラインになるんです。

安定感が出るシルエットではありますが、ラインで縦に長く見せたい低身長メンズの場合逆効果になってしまいます。

そのためゆったりシルエットのパンツは避けるようにしましょう。

細身のジャストサイズで縦のラインを意識して

縦に長く見せたい低身長メンズは、ボトムスもジャストサイズが基本。

縦のラインを意識して細身のシルエットのパンツでスッキル見せるようにアイテム選びをしましょう。

足首にいくにつれて細くなっていくテーパードラインのパンツがたくさん販売されています。

細身のテーパードラインのボトムスが着用できる方は、こうしたボトムスを選ぶとより足長効果が狙えますよ。

ダークカラーのパンツは明るいトップスを合わせて意識を上に

見る人の意識を高い位置に持ってくるのも、低身長メンズのオシャレファッションのポイントです。

ダークカラーのボトムスに明るいトップスを組み合わせると、見る人の視線がトップスに集まります。

そのため背を高く見せてくれる視覚効果も期待できるんです。

さらに足長効果を期待するなら縦ストライプのボトムスで、さらにラインを強調してあげることも可能です。

オシャレ上級者ならぜひ挑戦してみて欲しいですね。

アンクルパンツもOK! ロールアップで調整

現在流行っているアンクルパンツも低身長メンズには使いやすいボトムスです。

足首を出す丈のパンツで、こちらも足長効果を狙えます。アンクル丈パンツを購入したのに実際に履いてみるとぴったりだった、なんてことも結構多いんですが、そこはロールアップで対応可。

夏だからこそ、アイテムのサイズ感にこだわって

夏はファッションアイテムそのものが少なくなりますよね。

ジーンズにTシャツ、なんて人も多くなってくると思います。

そこでぜひぜひこだわって欲しいのが、ブランドや値段ではなく「サイズ感」です。

アイテム数が少なくなればなるほど、1つ1つのファッションアイテムがが与える印象って大きくなっていきますからね。

いくらプレミアの付くようなブランドのTシャツを着ていても、サイズ感を間違えてしまうと「野暮ったい小さいおじさん」に映ってしまいます。

低身長メンズの夏ファッションは「ジャストサイズ」でワンランク上のオシャレを楽しんじゃいましょう。

コメント