あくびをする心理で分かる相手の気持ち

ライフスタイル

あくびをする心理で分かるのは、どのような気持ちなのでしょうか。

一緒にいる相手が、あくびを何度もするような場面がありますよね。

その時の心理について、深く見ていきましょう。

気を許している

こちらに対して気を許しているので、リラックスをしてあくびをする心理になる人も。

眠い気持ちを隠して、あくびができない関係性もありますよね。

でも気を許している相手の前なら、あくびをすることができるのです。

これに対して「きっと許してくれるだろう」と相手に対して甘える気持ちもあるでしょう。

でも気を許している相手の前では、つい素の自分を見せてしまう人もいますが、これにより不快な思いをさせてしまう時もあるので、気を付ける必要があるのです。

こちらとしては、気を許しているだけと思っていても、相手から見るとマナーが悪いように思い、一緒に過ごしにくい…と思われてしまうリスクもあるでしょう。

親しい相手に対しても、礼儀を重んじることが大切なのです。

話が退屈

会話の内容が退屈な時には、あくびをしてしまう人もいます。

話している内容に対して「違う話題に変えてほしい」というサインを出しているのでしょう。

話が退屈と思っても、その思いをストレートに言える人はほとんどいません。

言ってしまうことにより、関係性が悪くなるのを恐れているのでしょう。

退屈だと思った時には、ソワソワして落ち着かないような態度を取る人もいます。

この場合も、考えながら出しているサインの可能性があるでしょう。

できれば違う話題を出すようにして、相手を楽しませるように工夫をしたいところです。

話題が楽しいものになれば、あくびをする心理になりにくいでしょう。

マイペースな性格

マイペースな性格の人も、眠いと感じたら自然にあくびをする心理になるでしょう。

相手のペースを優先させる人なら、あくびをするのは失礼だと思うかもしれません。

でも自分が眠いと思い、あくびが出るのだから仕方がないと開き直る人もいるのです。

一緒にいる時に一度くらいのことなら、許せるケースもあるでしょう。

でも何度もあくびをしている相手を見ると、そのマイペースさに呆れてしまうこともあるのです。

もう少しこちらの思いについて考えてほしいと思うため、距離を置きたくなるでしょう。

マイペースな人は、色々な場面で自分本意な振る舞いをしがちです。これに対してどこまで許せるのかは、難しいところ。

「この人は、こういう人だから」と思い、諦めて接するしかない場合もあります。

でも友人に対しては「もう少し、人に合わせるようにしたほうがいいよ」とアドバイスをしてあげるのも、その人の成長につながるでしょう。

疲れを感じている

やり取りにおいて、疲れを感じているような時にもあくびをする心理になるケースがあります。

疲れているということを、言葉でストレートに言うのではなく、あくびをすることで分かってほしいと思う人もいるでしょう。

例えば相手の話が長くて、愚痴や悪口が多いような時。

これを聞いている余裕がないと思うような場合には、疲れていると伝えたい思いになるものです。

それでも気付かずに話し続ける相手に対して「疲れたので、そろそろ帰るね」と言える場合もあれば、それでも我慢をして聞かなければいけないような関係性もあるでしょう。

いずれにしても、話している内容に対しての相手の反応があくびをするというものなので、無視をせずに受け止める必要があるのです。

疲れさせてしまったのでは…と少しでも思うのなら、相手に謝ってから違う話題に変えるようにするのが大切ですね。

興味が持てない

相手に対して興味が持てない時にも、あくびをする心理になる場合があります。

相手に対して興味を持っているのなら、もっと真剣に話してみたいと思うもの。

でも興味が持てない相手なので、あくびが出てしまうのです。

これに対して不快に思われても、別に構わないと感じるケースもあるでしょう。

興味が持てないと相手に思うのは、相手の話がつまらないと思ったり、考え方が違うと感じたりした時が多いのです。

こういう時には、相手に対して興味が持てないと思うので、深く知りたい気持ちになれないのでしょう。一緒に過ごす時間を、無駄なものだと思ってしまう人もいるかもしれません。

例えば興味のある相手と話す時には、身を乗り出して瞳が輝くような場面も。

でも興味がないので、心が向かないためあくびが出てしまうのでしょう。

まとめ

あくびをする心理により、相手の気持ちが分かる時もあります。

相手の思いを知りたい時には、こちらから聞いてみるようにするのもよいですね。

ずっと悩んだままで、相手があくびをするのを見ているよりも、さりげなく聞いてみると「昨日は、寝るのが遅かったから」などのように、理由が分かる場合もあるのです。

しばらく様子を見て、あくびが何度も続くようなら相手を信頼したうえで「どうしたの?」と聞いてあげるようにすると、相手の思いが分かる時もあるでしょう。

コメント